ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第26話

投稿が少し遅れました。すみません。次回から高難易度第10層、攻略開始です。

アルゴ
犯罪者プレイヤーにプレイヤーの解放をさせたキリト達。念のため一般プレイヤーが監禁されているトールバーナーへ足を運んだが、宣言通り監禁から解放されていた。さっきまでは犯罪者プレイヤー数十人がプレイヤーの監禁を行なっていたらしいが、全員が突然撤退したと言う。
キリト
ふぅ〜疲れた...
キリト
時刻はもう19時。キリトはかなり疲弊していた。第9層のボスモンスターを突破し、フィールド内でサチと呼ばれるプレイヤー達を助けた後、犯罪者プレイヤーと命がけの決闘..こんな濃い1日はそうはないだろう。
キリト
さすがの俺も今日は動きたくない...死ぬほど疲れた。
ユウキ
実際死にかけてたしね。
アスナ
麻痺が奇跡的に解けたから良かったわね...解けてなかったら確実に死んでたでしょ、あれ。
キリト
アスナの言う通りだ。麻痺がなぜか解けたんだ。その偶然に乗じて俺はアイツらを撤退させただけで勝ったわけじゃない。
ユウキ
いやいや!誰が何と言おうとアイツらはキリトから逃げたんだからキリトの勝ちだよ‼︎
アスナ
そうよ!気を落とさないで!今日はゆっくり休んで、明日に備えましょう?
キリト
ユウキ...アスナ....ありがとう。
アルゴ
アノーー?もしもーシ!?オレっちがさっきから空気になってるんですガ?
キリト
なんだ、居たのかアルゴ。
アルゴ
居るに決まってるだロ!?パーティーメンバーなんだかラ!
キリト
お前金欠って言ってたから下層の宿屋に泊まると思ってたよ。
アルゴ
流石に泊まるくらいの金はあるゾ...
キリト