ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第18話

メインヒロインに、奇跡舞い降りる。

騎士
デスゲームが始まりそろそろ2ヶ月になろうとしていた。先日に休息を取り、今日から第5層迷宮区の攻略だ。が、街の人達の会話に気になる点があったキリトは、先に別の事を優先した。
キリト
久しぶりだなアルゴ!情報屋が近くに来てるって情報を聞いたから探したぜ?
アルゴ
.....
キリト
で、アルゴ。前にお前、俺にとっておきの情報を教えるって言ったのにアスナを預けてからそれっきり俺の前に姿を現さなかったよな?
キリト
そろそろ教えてくれないか?現時点での最高の情報を。
アルゴ
チッ、そろそろ潮時だナ。
アルゴ
....まぁ確かに約束を破らなかったのは無責任だったナ。だが理由があるんダ。
キリト
理由だと?
アルゴ
あの後、第1層のボス攻略会議を始めるなんて言い出すもんだからナ?オレっちはガイドブックの最新版の制作を優先せざるを得ない状況だったわけダ。
アルゴ
その後、キー坊に会いにいく予定ではあったんダ。でも第1層のボスが使用する武器がタルワールじゃなく野太刀だった事で情報屋としての信頼を失イ、オレっちは一部のプレイヤーに追われる羽目になったんダ。
アルゴ
まぁ今は落ち着いたが、追われながらも攻略ガイドブックの配布は続けてたんだけどナ。キー坊に会いに行けなかった事ハ、申し訳なく思ってたからナ?
キリト
まぁ、事情があったのは分かったよ。
キリト
じゃあ会えた事だし?情報を教えてもらおうか。
アルゴ
....分かっタ。オレっちが持ってる今最も価値のある情報を教えてやろウ。
アルゴ
内容は...犯罪者プレイヤーについてダ。
キリト