ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第9話

お待たせしました。いよいよ第1層も佳境です。次回はあのキャラが登場。

キリト
(ユウキがパーティに加わって今日で3日。ユウキには申し訳ないが俺と同じ強さに達したいと言われたのでお望み通りレベリングを一緒に行なっている。)
キリト
(.....が、)
ユウキ
キリトぉぉぉ!?後何体倒せばいいの!?今日は!
キリト
そうだな...レベル10になったのが48分前だから...後30体くらいか?
キリト
(ひとまず対人戦を教える前に基礎的なモンスターとの戦闘方法を体に叩き込む。そのついでにレベルも上げられるこのレベリング上げは最適だ。)
ユウキ
うぅぅ!多すぎだよぉ〜!
キリト
いや、これくらいしないとあっという間に遅れをとられるぞ。MMORPGは甘くないって事だ。
キリト
(俺もβテスト時代はこの周辺でレベル上げをしたもんだぜ。)
キリト
(まぁ...あの時は死んでも平気だったから多少レベルの高いエネミーとも戦ってよく死んだもんだが。)
キリト
でも、やっぱり筋が良いな。ユウキは。
キリト
もう回避の基礎は身についている。後教えるのは....パリィのやり方くらいか?
キリト
後はそうだな....《スイッチ》か。
ユウキ
え?Switch?ボク持ってないよ。それ。
キリト
いや、任◯堂じゃないぞ。
キリト
スイッチってのはまあ、戦闘中に仲間と交代することだ。これを行う事で戦闘中に交代で回復したり出来るんだ。これからボス戦をやる時にはスイッチは必須になるぞ。パリィも組み込めるから加えて練習しなきゃな。
ユウキ
はぁ...覚悟はしてたけどこのゲーム覚える事多すぎるよー。
キリト
最近のゲームなんて覚える事多いの当たり前だぞ。
キリト
それにこれ以外にも覚える事はたくさんあるからな。
ユウキ
はーい。よろしくーキリトせんせー。
キリト
言葉に魂がこもって無いぞぉ!
キリト