ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第8話

ついにメインヒロインが動く。果たして第1層は何話で終わるのか!作者の心境や如何に!?

ユウキ
前に街に一回戻ったときに聞いたんだけど、SAOには《決闘》っていうのがあるんでしょ?
ユウキ
それを使って、ボクと戦ってよ。
キリト
....本気か?俺は手加減する気はないぞ。
キリト
ユウキとはレベル差もあるし、無理して戦う必要はないぞ。
ユウキ
....勝つよ。ボクは誰にも負ける気はない。この世界にも。キリトにね。
キリト
分かったよ。
キリト
この世界の《決闘》には、3つのモードがある。1つは完全決着モード。これはHPが先に0になった方の負け。が、デスゲームでこれを使う物など居ないだろう。
キリト
2つ目は制限時間モード。これは制限時間を決め、その制限時間内にHPの多い方が勝ちとなる。
キリト
そして3つめは初撃決着モード。始めの一撃をヒットさせる。それが外れた場合はHPがとちらかが半分になるまで戦う。...おそらくデスゲームで最も使われる事になるモードだろう。
キリト
初撃決着モードでいいか?
ユウキ
うん。それしかないしね。
ユウキ
KiritoがYuukiに決闘を申し込みました。
ユウキ
行くよ。....キリト。
キリト
来い....ユウキ!
キリト
3...2...1...START
ユウキ
てやぁぁぁぁ!!!
キリト
(一直線に来たか...が、ただの考えなしじゃないな。)
キリト
(このまま迎え撃っても構わないが、最近強化したばかりの剣にあまり無茶をさせたくない。)
キリト
(.....手加減は無しって言ったし、少し大人気ないが...)
ユウキ