ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第7話

エイジとユナの緊急参戦によりIFルートは加速する。てか、時系列的にはまだデスゲーム開始して1週間も経ってません。一体何話で第1層が終わるのか。

キリト
なんか....違う。
キリト
消耗した剣の補強及び強化を依頼しに鍛冶屋に来たはいいが、居たのはNPC。やってくれる強化は基本中の基本。最低限の強化。無いよりはマシだがあっても差し支えないレベルだ。本当は鍛冶屋というのは、鍛冶屋のスキルを取ったプレイヤーが行うのがβテスト時は基本だった。が、このデスゲームが始まってまだ3日だ。混乱すら収まっていないのに、鍛冶屋のスキルを取っているプレイヤーはやはり居なかった。いや、居たらそれはそれで慣れすぎィ!とドン引きしてる所だが。
キリト
NPCの強化は、プレイヤーが行う強化よりはっきり言って貧弱貧弱貧弱ゥ!
キリト
第1層のボスくらいまでならNPCの強化でも行けるか?いや...妥協は許されないぞ。でもそこらのプレイヤーに無理やり鍛冶屋スキル取れって言うのもおかしな話だ。
キリト
....もう2時か。
キリト
(ユウキが言っていた期間は明日までだ。果たして返事は来るのだろうか。このままバックられる事も一瞬想定したが、彼女のあの言葉を信じることにした。)
キリト
今日する事はないし....
キリト
今日は宿屋でゆっくりするか。
キリト
数時間後....
キリト
んん.....ないよぉ!もう食べられないよぉ!
キリト
・メッセージが届きました。
キリト
フガァッ!寝てた!
キリト
ん?メッセージ?
キリト
(俺が今フレンド登録してるのはクラインとユウキだけだぞ。)
キリト
(つまり、2分の1の確率でユウキ...!)
キリト
何の要件だろう。
キリト
メッセージ Klein

・キリト!調子はどうだ?俺か?俺はな、仲間と一緒に地道にプレイヤースキルを上げてるぜ。いつかお前にも絶対追いついてやるからな!後、お前もなんかあったら連絡寄越せよ。もう俺たちはダチなんだからな!
キリト
クラインか。
キリト
........
キリト
あれ?何か.....
キリト
気づくとキリトは涙を流していた。思えば彼に「友達」と呼べる存在は限りなく少なかった。ソロの彼に取ってはクラインのちょっとしつこい程の漢気は、キリトにとっては安堵だった。
キリト
ダチか....。
キリト