ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第5話

ここから物語の始まりです。次回からキャラも増やして盛り上げていきます。

ユウキ
100層を目指す...って事は安全地帯から出てモンスターと戦い続けるって事だよね...そして、ゲームクリアを背負うって事だよね。
ユウキ
それってさ....ボクに出来る事なの?
キリト
...無理強いはしないよ。このデスゲームと化した状況下でフィールドに出て、戦って、クリアを目指そうとするプレイヤーは恐らく多くない。
キリト
誰にでも出来る事じゃない。舐めてたらもちろん死ぬし、簡単な道じゃない。
キリト
でも俺は....君には才能があると思う。
キリト
君がこの村に辿り着けたのは単なる運じゃない。君自身ですら気づいていないフルダイブの適正があるんだ。
キリト
フルダイブ適正が高いと、通常のプレイヤーより遥かに俊敏に動けるし、戦闘面では大きく有利に立てる。
ユウキ
....ボクに、適正が?
キリト
もちろん君が嫌と言うなら俺は止めない。むしろ生きるためには正しい判断だ。間違ってるとも言わないし軽蔑もしない。.....ただ、覚えておいてくれ。きっといつか誰かやってくれる、そう思って自分から戦いに行かなくなるプレイヤーがきっとこれから大半を占めるだろう。そんな時に戦えるプレイヤーがいるのは、冗談抜きで希望になるんだ。
キリト
その希望に、キミはなってみたいと思うかな?
ユウキ
ボクは......ボクは.....
ユウキ
(悩んでる....いや、怖いんだ。死ぬのが。せっかく家族で唯一、健康体に戻れたのにまた死の道を歩こうとするのが。
ユウキ
(でも、他のプレイヤーだって怖いはず。キリトも....。怖いはずなんだよね。なのに、キミは弱いところを見せないで....強いんだね。ボクと違って....。)
ユウキ
ごめん.....今すぐには答えられないや。
キリト
.....ごめんな。辛い事考えさせて。
ユウキ
3日間....
キリト
え?
ユウキ
3日間だけ、猶予をくれない?その間に答えを出すから。必ず。
ユウキ