ひとり劇場

フユカと買い物

これは、書類の山を処理している時のある日の出来事──────
シオン
あぁ、つっかれるぜ…
フユカ
そう言いながらも手際よく書類処理こなすから怒るに怒れないわ…
シオン
けどよ、この書類の山…一日で終わらせられるかよ
フユカ
だから手を休めず、書類の処理をやってるのでしょう
シオン
……はぁ、息抜きしてぇな
シオンはため息を吐く、書類の山はうんともすんとも言わず机の上にそびえ立っている。疲れた視線からは書類の山はエベレストぐらい高い山と思えるほどかもしれない
すると突然、執務室の扉が開いた
マーリン
シオン、フユカ、書類処理は終わったか?
シオン
見ての通りだ…終わるわけねぇよ
フユカ
申し訳ありません、すぐに片付けますので
マーリン
そうか、まぁ…頑張ってくれ
シオン
人事だと思いやがって…
マーリンは書類処理の状況を見て、執務室を後にした。
シオン
仕方ねぇ…やるか
フユカ
全く…
シオンとフユカはしぶしぶながらも万年筆を手に取り書類処理を再開した。
シオン
……えっ、何だこれ!?スラスラと処理できるぜおい!
フユカ
…急に手がスラスラと・・どうして
マーリン
(ふむ…執務室に入った瞬間、思考力強化の魔法を付与したんだ。これなら書類処理も早く終わるだろう)
マーリンの魔法のおかげで、午後になるころには書類の山は全て平地となった。
シオン
はぁーっ!終わったぜー
フユカ
…(多分、マーリン様のおかげね)
シオン
よっこいせ…っと
シオンは椅子に寄りかかり身体を伸ばすと立ち上がり、執務室を出ようとする。
フユカ
どこか出かけるの?
シオン
…ん?あぁ、書類処理も終わったし出かけてこようかと思っただけだ
フユカ
そう
シオン
ま、これといった予定はねぇけどな
フユカ
だったら、私の買い物に付き合ってくれないかしら?
突然フユカから誘いが来る、シオンも驚いたのか反応が少し遅れた。
シオン
買い物…?あ、あぁ別にいいぜ
フユカ
助かるわ
フユカ
じゃあ、早速行くわよ
シオン
あぁ
シオンとフユカは執務室を出る、そのまま外出の準備をして本部を後にした。
訪れたのは何げない商店街。
シオン
で…何を買うんだ?
フユカ
生活用品よ
シオン
…え、じゃあ我は雑用?
フユカ
その通りよ
シオン
ひっでぇなおい…
フユカ
ほら、ぼさっとしてると日が暮れてしまうわ
シオン
へぃへぃ
そしてお昼も食べず、シオンはひたすらフユカが買った(尋常ではない量の)生活用品が入った袋を両手に引っ下げながらふらふらと歩く。
シオン
おい…雑用にも権限というものがあるぞ、ひとつぐらい持ってくれてもいいんじゃねぇか?
フユカ
だらしないわね
シオン
それが人に買い物袋持たせてる奴の態度ですか?
フユカ
次行くわよ
シオン
ことごとくスルーしやがったな
そして買い物袋は増えていく、気がつけばとっくに日が暮れていた。
フユカ
…そろそろお腹が減ってきたわね
シオン
多分、我はお前の5倍は腹減ってるぞ
フユカは自分の腕時計を見る
フユカ
今不死団本部に帰っても遅くなりそうね…どこかで食事を済ませするとしましょうか
シオン
そうだな
フユカ
この近くに私の行きつけの小料理屋があるわ、そこで食べましょう
シオン
へぇ…フユカの行きつけの店か、そりゃ楽しみだ
そうと決まれば、フユカはそそくさと歩き出す。買い物袋を両手に引っ下げたままシオンは一つぐらい持てよと悪態を吐きながらしぶしぶとついていく。
数分歩いて、素朴な雰囲気の小料理屋についた。さっそく店の中に入る。
ナレーション
あらフユカちゃん、今日も来てくれたのね
出迎えてくれたのは、優しそうな表情をした女将さんだった。どうやら一人でこの店を切り盛りしているらしい。
フユカ
こんばんは
シオン
どうも
ナレーション
あらフユカちゃん、そちらの男の子は?
ナレーション
もしかして彼氏さん?
フユカ
仕事の同僚よっ!!!
シオン
なはは…
ナレーション
うふふっ、冗談ですよ
フユカ
もうっ…
フユカと女将さんのやり取りを見て、シオンはどこか含み笑いを浮かべる。自分たちの他に客はおらず、カウンター席に腰を下ろした。
フユカ
いつもの頼むわ
ナレーション
分かったわ、鯖の味噌煮、味噌濃いめね
シオン
…ええっとじゃあ我は、・・我も鯖の味噌煮にするか
ナレーション
分かったわ、少し待っててね
女将さんはさっそく料理をし始めた、カウンター席なので手際の良さがよく伝わった
シオン
凄く手際がいいんだな
フユカ
当たり前よ、私よりも料理の腕は格段に上だもの。ここで料理を教えてもらっていたこともあったわ
シオン
へぇ、フユカも認めるんだから凄く美味いんだろうな
数分後…
ナレーション
お待ち堂様
フユカ
いただきます
シオン
いただきます!
注文した鯖の味噌煮が来た、香ばしい味噌の煮汁が食欲をそそる。シオンとフユカはさっそく食べ始めた。
シオン
う、美味ぇ…!
フユカ
相変わらず美味しいわね
ナレーション
そう言ってもらえると嬉しいわぁ
ナレーション
うふふっ、何か飲みます?
フユカ
焼酎水割り
シオン
(親父かよ…)
ナレーション
僕は何にする?
シオン
え、じゃあ…炭酸水
フユカ
(チョイス・・)
ナレーション
分かったわ
ナレーション
はい、どうぞ
シオン
(コクコクと出された炭酸水を飲む、シュワシュワした感覚が乾いた喉を刺激する)
フユカ
…ふぅ、落ち着くわ
そして、ゆったりとした時間の中、女将さんと話した。凄く聞き上手な方で日頃のストレスをうんうんと相槌を入れながら聞いてくれた。
フユカ
………
シオン
…どうしたフユカ?
フユカ
私だって頑張ってるのにぃ…もっと褒めてくれたっていいじゃない…っ
ナレーション
あ、フユカちゃん酔いが回ったのね
シオン
ええっ!?
ナレーション
フユカちゃん、酔いが回ると本音がポロポロ出ちゃうのよ。今日は知り合いが一緒に来たから水割りにしたけど…酔っちゃたようね
フユカ
ううっ…マーリン様にも最近褒められてない…ううっ、私って必要とされてるのかしらっ…ううっ
シオン
ちょ、ちょっとフユカさん!?
ナレーション
うふふっ、こういうフユカちゃんを慰めるのもここに来た時の日課みたいなものなのよ
シオン
は、はぁ…
フユカ
ちょっど…きひへるのシオン〜
シオン
(呂律回ってねぇ!?)
ナレーション
あらあら、今お水持ってくるわね
シオン
あ、はい…すみません
フユカ
わたひを褒めなさいよ…ううっ
シオン
…はぁ、偉いぞフユカ、偉い偉い
シオンはため息を吐いた後、少し気持ちを込めてフユカを褒める。頭を優しく撫でてやった。
フユカ
えへへ…うれひいです、、
シオン
(…フユカってお酒弱いんだな)
ナレーション
はい、お水です
シオン
すみません…
酔ったフユカに水を飲ませる、数分したら寝息を立てて寝てしまった。
シオン
・・・誰が背負って帰るんだおい
フユカ
……すぅ…zZZ
ナレーション
あらあら、大変ね
シオン
じゃあ我らは帰るか、今日はご馳走様でした、美味しかったです
ナレーション
嬉しいわぁ、また来てね
シオン