ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第3話

今回から完全IFストーリーです。キャラ崩壊はまぁかなりしてます。今回はギャグ多めにしたので次回は少し真面目な話を入れたいと思います。全体的にこの物語はギャグとシリアスを半々で入れたいです。

キリト
(.....妙だな)
キリト
まだほぼ全てのプレイヤーは転移門広場にいるはずだ...なのに広場からかなり離れているこの周辺のモンスターの湧きが異常に悪い...。他の誰かが大量に倒したからか?
キリト
(人の気配は無いな...もう宿にいるのか?)
キリト
(今から狩場で粘っても効率はあまり良くないかもしれない...)
キリト
(もうすっかり夜だし、俺も無理せず軽くレベリングしたら今日は休もうかな)
キリト
(俺より先に広場を出た奴がいるのか?  だとしたらほぼ間違いなくβテスト経験者に違いないな。出会って何事もなければいいが...こんな状況だからな。何が起こってもおかしくはない。...警戒しておこう。)
キリト
さて、ようやく村に到着っと
キリト
キリトは知らなかった。今日ここで、この世界における運命の出会いが起きる事を。
ユウキ
(.....張り裂けそうだ)
ユウキ
(ボクの姉ちゃんはもうすぐ入院しなきゃいけないほど自分の身体が弱っているのが分かっているはずなのに、ボクのためにSAOとナーヴギアを用意してくれた)
ユウキ
(ボクだけは無事に退院できたからそのお祝いだって。)
ユウキ
(ボク自身も完全なる仮想世界に興味があったし、貰った時は大きな声が出るほど喜んだ。)
ユウキ
(でも、姉ちゃんがそこまでして手に入れたプレゼントは、こんな意味不明なゲームになってしまった)
ユウキ
信じられないよ....本当にさ
ユウキ
(信じたくはない。が、いつまでも駄々こねてはいられない。少なくとも今自分がするべきことは、生き延びることだけ。そう考えていたら自分はすでにフィールドに出ていた。覚えたての動きでひたすら通り道の敵を薙ぎ払って、気づいたらこの村に着いた。本当に運が良かったと思う。)
ユウキ
あれ?ボク、泣いてるのかな?どうしたんだろう?....どうして...かなぁ?
ユウキ
.....あれ?ボク以外に足跡が聞こえる...。誰?
キリト
彼女の名は、ユウキ。キリトと同じくこの世界に閉じ込められたプレイヤーの一人。そして彼女も今日ここで、運命の出会いを果たすこととなる。
キリト