ひとり劇場

キャロルとティキ

アダム・ヴァイスハウプト
失礼するよ、君たち
ミカ・ジャウカーン
マスター、誰か来たんだゾ?
キャロル・マールス・ディーンハイム
……何の用だ?
アダム・ヴァイスハウプト
ふふ、続けてるようだね。イザークからの命題を
キャロル・マールス・ディーンハイム
オレは研究に妥協はしない。大した用でもないなら、さっさと出ていってもらおうか
アダム・ヴァイスハウプト
釣れないねえ、相変わらず。持ってきたというのに、僕のとっておきを
ガリィ・トゥーマーン
とっておきとかいって、どうせろくでもないものじゃございませんこと?
レイア・ダラーヒム
統制局長は、地味に厄介な問題事を持ち込む……
ファラ・スユーフ
どうせ暇なら、私と一曲お相手をしていただけませんかしら?
アダム・ヴァイスハウプト
魅力的だね、とても。だが今度にしようか、残念だが
キャロル・マールス・ディーンハイム
もう一度言ってやる。用がないなら出直してもらおうか
アダム・ヴァイスハウプト
あるさ、用はね。さあおいで、こちらにね
ティキ
ここ!? アダムの言ってた面白い所って!?
キャロル・マールス・ディーンハイム
なっ……貴様、それは……
アダム・ヴァイスハウプト
言ったろう? とっておきとね
キャロル・マールス・ディーンハイム
オートスコアラー……お前が作ったのか?
アダム・ヴァイスハウプト
その通りさ。中々だろう、出来は
ミカ・ジャウカーン
わあ、仲間が増えるんだゾー!
ガリィ・トゥーマーン
でも、随分とまあ可哀想な服をお召になられてますわねぇ
レイア・ダラーヒム
局長の趣味は地味に良くない……
キャロル・マールス・ディーンハイム
おいちょっと待て、お前……まさか、そいつをここに連れてきたと言うことは……
アダム・ヴァイスハウプト
助かるよ、察しが良くてね。
頼めるかな、彼女のことを
キャロル・マールス・ディーンハイム
ふ……ふざけるな! オレが結社の任務と研究で既に手一杯なことは知ってるだろう!
アダム・ヴァイスハウプト
そうは言ってもね、頼めないんだ、君にしかね
キャロル・マールス・ディーンハイム
お前の忠実な部下に命令すればいい話だろう!
アダム・ヴァイスハウプト
伝えたさ、彼女達にもね。
しかし君なのさ、うちで一番オートスコアラーの知識と技術に長けているのは……ね
キャロル・マールス・ディーンハイム
お前が生み出したのだろう? 生みの親の責任くらい自分で果たせ
アダム・ヴァイスハウプト
手厳しいね、これは。
だが、そんなことないようだよ、彼女たちは
ミカ・ジャウカーン
こっちでミカと遊ぶんだゾー!
ティキ
??? なんだかわからないけど、ティキ、遊ぶ!
ガリィ・トゥーマーン
その前に、そのボロボロの服装、なんとかしませんこと?
ファラ・スユーフ
ふふ、お召し物なら不足はありませんわ?
レイア・ダラーヒム
どうせなら、派手なものを……
キャロル・マールス・ディーンハイム
お、お前ら……
アダム・ヴァイスハウプト
ふふ、頼もしいことだね、実に
キャロル・マールス・ディーンハイム
うるさい! 手一杯だと言ったろう! 大体普段から無理難題を押し付けておいて、貴様は……ッ
ガリィ・トゥーマーン
マスター? ちょっとよろしいですかー?
キャロル・マールス・ディーンハイム
……なんだ、言ってみろ
ガリィ・トゥーマーン
忙しいと言いましても、マスターの身の回りはガリィたちがお世話してますし、そんなにマスターのお手間が増えるとは思えませんわよ?
キャロル・マールス・ディーンハイム
……ほう、オレに意見するか
ミカ・ジャウカーン
……ティキ、ミカ達と一緒じゃだめなのかー……?
ガリィ・トゥーマーン