ひとり劇場

冬と言えば鍋②

不死団のみんなが繰り広げる生活記

シオン
で…部屋の主は、満足して鍋を食べられないのに対して部屋の人数が
ナレーション
部屋の主は、呆れながら上がり込んできた面々どもを数える。
輪廻
そろそろ具材無くなってきたね
桃華
そうね、じゃあ締めはうどんかご飯がいいか決めるとしましょうか
アルマ
ボクはどちらでもいいです、美味しい鍋が食べられたので
雹次郎
俺はうどんだ、うどんのために肉を食べなかったんだ。うどんにするべきだ。
ナレーション
雹次郎はうどんに一票を上げる。
シオン
自分含めて六人…
輪廻
シオン、シオンってば!
シオン
お、おう、どした?
輪廻
だから、締めはうどんがご飯がいいかどっちにするって話だよ
シオン
そうだな、えぇっと…うどん?
雹次郎
うどんで決定だな
玄重郎
じゃあうどんにすっか〜、シオン。麺は何人分あるんだ?
シオン
ちっと待ってろ
ナレーション
シオンはしぶしぶこたつから出て、冷蔵庫にある麺の在庫を数える。
シオン
麺は二玉しかねぇな…
桃華
二人分しかないってことね、どうするの?
雹次郎
誰か買ってくるか?
シオン
いや、うどん食いたいって言ったの雹次郎だろ。こいつが買ってくるべきだ。
輪廻
シオンも食べたいって言ってたよね
玄重郎
じゃんけんで決めるのはどうだ〜?
シオン
普通、言い出しっぺが率先して買ってくるべきだろ。
桃華
部屋の主なんだから客を持て成すのは当然でしょ
シオン
君は遠慮っていう二文字しらないよね、うん。完全に人の部屋で鍋を食べさせてもらっている感覚ないよね
アルマ
ボクが買ってこようか
輪廻
じゃあ、ボクが行くよ!
玄重郎
いやいや、俺が買ってくる
桃華
私が買ってくるわ、仕方ないし
雹次郎
いや…ここは俺が
シオン
我が行く!
ナレーション
どうぞどうぞ、と五人は声をそろえる。シオンは、はぁ!?と声を荒げたが手遅れだと分かりしぶしぶと部屋を出てうどんを買ってくることにした。
シオン
結局買ってくるの部屋の主じゃねぇか…なんでアルマまであのネタ知ってるんだ?
十五分後…
シオン
寒々〜っ!凍え死ぬ凍え死ぬぅ!
ナレーション
シオンは歯をガタガタ震わせて、部屋に戻ってくる。ちなみにうどんを買ってきたお金は自腹だ。
輪廻
お帰り〜!寒かったでしょ、ほらこたつに早く入って入って
桃華
そうそう、寒い中頑張った部屋の主さんにうどんは一番はじめに食べさせてあげる。
雹次郎
後でうどん代返すぞ
シオン
いやいい、みんなが美味しく食ってくれるならそれでいい。
玄重郎
さっすが部屋の主様だなぁ〜
輪廻
よっ、太っ腹!
ナレーション
シオンは部屋に入れば、買ってきたうどんを鍋に入れていく。
雹次郎
アルマは締めのうどんとか食べたことあるか?
アルマ
いや…鍋自体初めてだからないよ
シオン
すげぇ美味いんだぜ、我は鍋自体が好きだけど雹次郎みたいに締めを楽しみにしてるやつもいるんだ
アルマ
へぇ〜そうなんだ
ナレーション
数分経って、うどんがぐつぐつと煮え上がってきた。鍋の汁を存分に吸った麺の香りが部屋に充満する。
輪廻
うわぁいい匂いだね!
雹次郎
この匂いがたまらないんだよな
輪廻
もう食べていいシオン?
シオン
そうだな、ちょうど美味しく煮えてきたところだし食べていいぞ
ナレーション
上がり込んできた面々は、いただきますと言えばうどんを器によそっていく。
桃華
ほら、貴方の分よそってあげるわ
ナレーション
桃華はシオンに器を貸せと手をひらひらさせる。
シオン
え、いや…自分でよそるって
桃華
貴方に一番に食べさせるって言ったでしょ、ほら
シオン
桃華…ありがとうな
ナレーション
シオンは桃華に自分の器を手渡した
桃華
はい、冷めないうちにどうぞ
シオン
おう、いただきます
ナレーション
シオンはよそられたうどんをすする。ダシ汁の香りが口の中に広がった。
シオン
美味い…締めのうどん美味い
輪廻
うんうん、これもシオンがうどんを買ってきてくれたおかげだね
雹次郎
そうだな
アルマ
うどん…美味しい
玄重郎
ポン酢少し垂らすとまた違う味になって美味いぞ、なっはっは
シオン
…こういうのを幸せっていうのか?
ナレーション
なんだかんだで、うどんを美味しく食べられたので良かったと感じたシオン。
桃華
そうかもね、たまにはみんなで食事を囲むこともいいことだと思うわ
ナレーション
こうして、不死団の面々は幸せの空気の中で晩飯を終えたのだった。
ナレーション
…そして翌日の夜
シオン
……。
輪廻
………。
玄重郎
………。
アルマ
………。
桃華
………。
雹次郎
………。
シオン
……なんでお前ら、マイ箸と器用意して我の部屋の前で立ってんだ?
ナレーション
完。

2  

投稿日時:2019-10-13 11:16
投稿者:しーPー(初心者)
閲覧数:44

↑このページの先頭に戻る