ひとり劇場

冬と言えば鍋①

不死団のみんなが繰り広げる生活記

シオン
うぅっ…寒々っ!!
(買い物袋を抱えて自室に入る少年
部屋は八畳ぐらいの大きさ、和室であり部屋の真ん中には支給されたこたつが佇んでいる)
シオン
さてさてさぁて…寒い日はやっぱり鍋だよなぁ、材料も買ったし、奮発して高い肉も買ったしな…たまには贅沢だ。いただきま───
輪廻
クンクン…この美味しそうな匂いはこの部屋だっ!
(シオンの部屋の扉を開ける)

やっぱりここだ、シオン何してるの?
シオン
え…うわ、輪廻か。
一人で鍋料理食うんだ、寒いし
輪廻
いいなぁ、ボクも鍋食べたいなぁ…
(何かを求める眼差しでシオンを見る)
シオン
な、なんだよその目は……
輪廻
ボクお腹空いちゃった、鍋食べたい
シオン
ストレートに頼んできたなおい
シオン
分かった分かった…特別だぞ。
扉開けっ放しだと寒いから閉めろ
ほら、こたつに入れ
(こたつの布団をめくる)
輪廻
わぁーい!シオン大好き!
(喜べばささっとこたつに入る)

この箸使っていい?
シオン
あぁ、最初は野菜から食えよ。
(鍋には豆腐やネギ、白菜、椎茸など様々な食材がぐつぐつと音を立てている)
輪廻
はーいっ!いただきまーす!
(輪廻は手を合わせれば、白菜と
豆腐を冷ましながら口へ運ぶ)

あふあふっ!美味しいーっ!
シオン
じゃあ我もいただき─────
玄重郎
よぉ、美味そうな匂いがする
と思ったらここだったか〜
(扉をガラガラ開ける)
シオン
え…玄重郎?
(びっくりして目を丸くする)
輪廻
あ、玄重ろ〜!
今シオンが鍋を食べさせて
くれてるんだ〜!
(※悪気はない)
シオン
おいいいぃっっーっ!?
玄重郎
鍋かぁ、いいねぇ…もう鍋の季節か
俺もご一緒するぜぇ〜ww
(シオンの返答は待たずにどすどすとこたつに入ってくる)
シオン
おいっ!?狭くなるだろ!
玄重郎
いいじゃねぇか、鍋は大人数で
囲んだ方が二倍上手くなんだからよ
(そう言って、器と箸を手に取る)
シオン
食べる気満々じゃねぇか…
(呆れながらも野菜から食えと付け足して玄重郎を含めた3人で鍋を囲む)
玄重郎
うぉ美味いな!
シオン、ポン酢あるかポン酢?
(図々しく部屋の主に調味料を要求する)
シオン
うるせぇよ!図々しくものを
頼むんじゃねぇよ、あるけどよ!
(部屋の小さな冷蔵庫からポン酢を取りだして、玄重郎に渡す)
玄重郎
お、さんきゅ〜!
やっぱポン酢だろ、たまんねぇな
輪廻
玄重ろ〜、ボクにもポン酢かけて〜
玄重郎
あいよ〜
シオン
完全に人の鍋ってこと忘れてるよな
(そう言いながら、シオンもぐつぐつとダシを吸った白菜を口に運ぶ)
シオン
うまっ、いや美味いなおい
輪廻
うんうん、シオンって料理だけは
美味いよねぇ〜
(※悪気はない)
シオン
軽く心抉りにきたね、いま
桃華
何か賑やかだと思ったらここね
(扉を開ける)
シオン
なんだよ桃華、今食事中だ
書類の整理は後だ後
(寒いからとっとと出てけという視線)
輪廻
あ、桃華〜!桃華も一緒に鍋食べよ
玄重郎
そうそう、大人数で囲んだ方が
うめぇってやつだ
シオン
だぁから!これは我の鍋でな
輪廻
って言いながら大人数に対応できるように材料多く買ってるよね
シオン
うぐっ…あぁ、分かった分かった
寒いから早く部屋入れ、桃華
(輪廻の隣にでも座っとけと付け足して)
桃華
そう、じゃあお言葉に甘えて
(部屋に入れば、こたつに入る)

温まるわね、ふふっ
シオン
いいか、鍋奉行は我だからな!
我の指示に従って鍋食えよな
お前らもだぞ!
(ガツガツと野菜や豆腐を食べる輪廻と玄重郎に声を上げる)
輪廻
鍋奉行?なぁにそれ?
(食べる手を止めてシオンに聞く)
シオン
いい質問だ。
鍋奉行というのは、食材の入れ方や味の付け方、食べる順番など締めにうどんか雑炊にするか決まるまで鍋を支配する偉い人のことを言うんだ。
(鼻を鳴らして、ドヤ顔で解説)
桃華
何それうざい
シオン
人の鍋食べようとしてるのによく
そんな言葉が出てくるな、おい
桃華
差し入れに最高級飛騨和牛
持ってきた上げたけど…
(木箱に入った黒毛和牛の肉を見せる)
シオン
おいお前ら!何ボサッとしてんだ!
桃華、いや肉の神様にとっとと鍋の具をよそりやがれっ!
(玄重郎と輪廻に声を荒げる)
玄重郎
完全に肉に目が眩んだな
輪廻
そうだね
シオン
はいよ桃華、暑いから気を付けろよ
(器に豆腐やネギなどをよそって
手渡す)
桃華
ありがとう、いただくわ
玄重郎
結局お前がよそるんかい
輪廻
でもまぁみんなで食べると美味しいよね
桃華
たまにはいいかもしれないわね
この鍋、意外に美味しいわ
シオン
意外は余計だ、まぁ美味いならいい
玄重郎
肉はいつ入れるんだシオン?
シオン
もうそろそろいいだろ、桃華の差し入れもあるから我が買ってきた肉を入れるぞ
まぁ…飛騨和牛よりは落ちるがな
(そういいながら、冷蔵庫から松坂牛の肉を取り出す)
玄重郎
おぉ、奮発したんじゃねぇか
輪廻
すごーいっ!
桃華
あら、貴方にしては奮発したのね
シオン
お前ら肉一枚につき、諭吉一枚払ってもらうからな
(肉を鍋に入れながら、冗談まじりで答える)
玄重郎
お、もう食べていいか?
シオン
まだだ、まだ入れたばかりだろ
アルマ
(またガラガラと扉が開く)

みんな、何してるの?
桃華
あらアルマじゃない、どうかしたの?
アルマ
いや、ちょうどご飯を食べに行こうとしてただけだよ
…それにしても、みんなが食べてるその食べ物って何?
(テーブルの上でぐつぐつと具を煮込む鍋を指差して)
輪廻
これは鍋って言うんだよ!
すっごく美味しいんだぁ〜!
アルマ
へぇ…鍋っていうのか
ボク食べたことないなぁ、うん
シオン
じゃあ、一緒に食うか?
アルマ
いいの?
シオン
みんな食ってるのに、アルマは駄目とは言えないだろ
ほら、そんな寒いとこ立ってないで
こたつに入れよ
アルマ
うん、ありがとう
玄重郎
ほらよアルマ、これが鍋だ
食ってみろ?
(器に具をよそり、アルマに手渡す)
アルマ
うん、いただきます
……………美味しい、美味しいよ!
(いつもはあまり感情を面に出さないアルマは目を輝かせいる)
輪廻
よかったぁ〜やっぱり美味しいよね
桃華
もっと食べていいわよ
シオン
誰の鍋か忘れてないだろーな
輪廻
みんなの鍋だよ
玄重郎
そうだそうだ、お、肉も美味しい色に変わったしいただくぜ〜
シオン
お、おい!?
玄重郎
くぅ〜っ、美味い!
輪廻
ボクも、桃華もアルマも食べよ
桃華
そうね、では早速…
(肉を口に運ぶ桃華、ふと自然に
笑みがこぼれた)
アルマ
パクッ)
美味しい…肉ってこんなに美味しかったんだね、知らなかった
輪廻
パクッ)
うぁわ美味しい!幸せ〜
シオン
おいテメェら!ちゃんと我の肉
残しとけよな!
雹次郎