ひとり劇場

営業さんの会話

名無しさん
わたし、今までアカデミア中心に訪問していたんだけど、最近製薬企業にも訪問させていただくようになったんですが、ちょっと悩んでて…
名無しさん
どうしたの?
名無しさん
アカデミアだと基礎研究の先生が多いから、HMTのアプリケーション例もたくさんあって紹介しやすいんだけど、製薬企業だと臨床研究や治験に応用されたメタボローム解析の事例はないの?と聞かれるので、そうなってくると今までの自分の知識ではうまく提案が出来なくて困っているの。
名無しさん
うちの今のサービスは、どちらかというと基礎研究向きなとこがあるかもしれないね。
名無しさん
メタボローム解析をどう活用してもらうか、という提案力や発想力が求められる訳だね。
名無しさん
そうなの。
名無しさん
あと網羅的にデータ解析をしたいと考えている研究者は、メタボローム解析と他のオミクスとを総合的に比較してサービスを選んでいる印象を受けるわ。
名無しさん
どういうこと?
名無しさん
例えばマイクロアレイや次世代シーケンサーなどは外注したことがあるというお話は、訪問先で良く耳にするの。
名無しさん
網羅解析という意味では、彼らはこういったサービスの方が手を出しやすいみたい。
名無しさん
なるほどな。
名無しさん