ひとり劇場

おにいちゃんがお兄ちゃんである日まで③

ー自宅前ー
英飛
今日会えてよかった
月葉
うちも
英飛
明日からまた学校だね
月葉
がんばろ!
月葉
明後日テストだし
英飛
うん
英飛
ね、...だめ?
英飛は腕を広げた
月葉
ん?
英飛
ぎゅう...って
月葉
い、家の前だし...
月葉
さすがに
私が躊躇うと英飛は、塀の影に私を連れ込んだ
そして、私の体をそっと引き寄せる
英飛
ここなら、大丈夫
月葉
ぁ...
月葉
英飛...
抱きしめられながらふっと周りを見た
あ...、おにいちゃんの自転車
なんでここに...盗まれちゃう
さっき、蜘蛛の巣が無かったのはこのせいか...
英飛
月葉...
月葉
んっ...、
キスマーク...
英飛
首に...いいね
月葉
え?
月葉
もしかして...
英飛
大丈夫、
英飛
モデル仕事に支障はないよ
月葉
......
英飛
愛してる、月葉
英飛
月葉は?
月葉
わ、私も...
英飛
よかった
英飛
じゃあ、また明日
英飛は笑みを残してその場から去った
そして、
入れ違いでおにいちゃんが来た
誠一
月葉...
驚いていた
私はそれを見てただぼんやりと立ち尽くしていた
誠一
どうしたんだ
誠一
こんな所で
月葉
お、
月葉
おにいちゃんこそ
誠一
俺は、朝洗った自転車を家に入れようと...
そのためだったのか...
月葉
おにいちゃんの自転車
月葉
かっこいいね
誠一
月葉も乗る?
誠一
一緒に
月葉
でも、私...
誠一
安いクロスバイクなら2~5万くらいで買える
月葉
遅いよ...私
誠一
スピードは気にしない
誠一
月葉と出かけたいだけだ
月葉
行きたい、私も
誠一
じゃあ、俺が2万出すからあとは自分でどうにかして...
誠一
ん?
誠一
それ、どうした?
おにいちゃんが私の首に触れた
月葉
え...
誠一