ひとり劇場

おにいちゃんがお兄ちゃんである日まで②

夏祭り ーpm.7:35ー
月葉
綺麗...
英飛
花火って飽きないよね
月葉
うん、ずっと見てられる
英飛
雑誌の夏祭り特集見たよ
月葉
えっ、恥ずかしいな笑
英飛
夏祭りに一緒に行きたい男の子
英飛
「好きな人」って書いてた
月葉
...
英飛
それ、誰?
英飛は私の顔を覗きこんだ
月葉
...そんなの、聞かないでよ
体があつくなる...
英飛
...ふふっ、そうだね笑
英飛
俺...かな?笑
月葉
もう...
英飛
雑誌の浴衣姿も可愛かった
英飛
けど、今が1番可愛い
月葉
がんばったもん
月葉
着付けも、メイクも
英飛
うーん、それもあるかもしれないけど
英飛
月葉はどうしたって可愛いよ
月葉
なにそれ笑
ーpm.8:35ー
月葉
もう、帰らなきゃだね
英飛
家まで送らせて
月葉
英飛くん遅くなるよ?
英飛
月葉に何かあったら困る笑
月葉
ごめんね、わざわざ
英飛
いいよ
英飛
...その代わり
月葉
えっ...?
突然建物の裏に連れ込まれ
..................
キスをされた
月葉
...英飛...くん
ただ、笑みだけを返された
そして、
彼の手のひらが私の胸に触れた
月葉
それは...だめ、だよ
英飛
ん?
英飛
だめ?
月葉
ん...
英飛
じゃあ、今度ね
そう言うと、彼は私の前を歩き家まで送ってくれた
...
ざわざわする...
ー自宅ー
誠一
おかえり
月葉
ただいま
誠一
お風呂沸いてるよ
月葉
ん...、
月葉
おにいちゃん先に入っていいよ
誠一
そうか、
誠一
じゃあ先に...
そう言っておにいちゃんはお風呂に向かった
唇に残る感触、胸元に残る感触...複雑な気持ちだった
私は浴衣からTシャツに着替えて、そのままベッドの上に横になった
.........しばらくして
誠一
月葉...
月葉
ん...
誠一
お風呂
月葉
おにいちゃん...
ボディソープとシャンプーの香りがする
誠一
疲れたか?
月葉
うん
誠一