ひとり劇場

鳥のうた「1」三つ子の朝

お話しの続きです。

ゆきひとくん
(ピピピピピ!!目覚まし時計がなる)
ゆきひとくん
「…うるさっ」
ゆきひとくん
思わず目覚まし時計を止める。周りを見る。しかし三人もいるのに誰も起きてこない…
ゆきひとくん
「…チッ、起きるか……」
ゆきひなちゃん
すやー(寝息)
ゆきひこくん
「ん~まだ、あと10分…」
ゆきひとくん
(いや、起きろ!!遅刻するだろ!!?)
ゆきひとくん
と思いつつ、起こすのもなんだかだるくて…
ゆきひとくん
水に濡らしてきたハンドタオルをそっと、二人の顔の上にヒタッとのせる。
ゆきひとくん
「ん」(…よし、とりあえず、顔洗って、髪とかさなきゃ!)
ゆきひなちゃん
「ヒャッ!?冷たい!?」
ゆきひこくん
「んー、なんか…あ、おはよう…」
ゆきひなちゃん
「おはよう♪ゆきひこ!」
ゆきひこくん
「ゆきひとは?洗面所か?」
ゆきひなちゃん
んー(背伸び)「よぉし☆頑張るぞ!」!
ゆきひなちゃん
ゆきひなも洗面所へ向かう(語り手)
ゆきひこくん
(俺も行くか…)(語り手)
ゆきひとくん
「…おっそいなお前ら」ボソッと呟くと…「おはよう」と返す。
ゆきひとくん
前髪をあげ、お気に入りの輝くオレンジ色の太陽のアクセサリーを
つける。
ゆきひとくん
よし!これで、バッチリ!
ゆきひなちゃん
髪をとかして、髪にお気に入りの輝く黄色い月のアクセサリーをつけて。
ゆきひこくん
前髪をあげ、お気に入りの黒星のアクセサリーをつける。
ゆきひとくん
(母さんが作ってくれた朝食をささっと済ませた三つ子はランドセルを片手に玄関へ行く)
ゆきひなちゃん
いってきまぁーす!!
ゆきひこくん
いってきまーす!
ゆきひとくん
いってきます!
中の人(ましろ)
仲良く学校に向かう三つ子達
ゆきひなちゃん
ねぇ、競争しない?
ゆきひなちゃん
八尋幸雛、小学五年生、女の子、運動神経に恵まれている。(語り手)
ゆきひなちゃん
ねぇ、ねぇ、走って行こうよ!
ゆきひこくん
八尋幸彦、小学五年生、男の子、運動神経はいいほうである。
ゆきひこくん
よっしゃ!競争だぜ!
ゆきひとくん
…僕、走るの嫌なんだけど…
ゆきひとくん
八尋幸人、小学五年生、男の子、運動苦手、走るの嫌い。
ゆきひとくん
(三つ子のもとに生まれたのに、どうして僕はこんなに走るのが嫌いなんだろう…)(ため息をつく)
ゆきひなちゃん
じゃ、いっくよー♪
(ゆきひとおいて走っていく)
ゆきひこくん
待ってー!ずるいぞ!(同じく)
ゆきひとくん
……はぁ…
ゆきひとくん
とぼとぼと歩いていくと…(語り手)
千世ちゃん
…おはよう、ゆきひとくん
ゆきひとくん
…えっと、君は?(初対面だった)
千世ちゃん
私、笹神千世っていうの、よろしくね…ゆきひとくん
ゆきひとくん
……なんで僕名前知ってるの?……どこかで会ったっけ?
千世ちゃん
ううん、会ったのは初めてかな?
千世ちゃん
よろしくね♪これからも…
(不思議なミステリアスな表情をしていた。)(かるく微笑んだ)
千世ちゃん
君、1人なの?
ゆきひとくん
…え、まぁ、うん…
千世ちゃん
じゃ、私と一緒に学校行こうよ!
中の人(ましろ)
こうして、学校へそれぞれ向かう三つ子達と謎の少女。

 

投稿日時:2019-08-15 11:53
投稿者:ましろ
閲覧数:22

↑このページの先頭に戻る