ひとり劇場

ストレリチア 1章「死神と死を告げる者」

ストレリチア
1章「死神と死を告げる者」

-夜のストレリチア地区-
ジェンシャン
殺人事件が起きたから、街の警備をするのはわかります。けど、関係者の死人が出るなんてストレリチアじゃよくあることでしょう?
ジェンシャン
クリムゾン様どう思います?
クリムゾン
人死に自体は珍しくねぇよ
クリムゾン
ただ、今回の人死には特別なんだ
ヘデラ
特別と言いますと?
クリムゾン
現場だよ。ストレリチア地区のほぼ真ん中だったろ
ジェンシャン
あー、これ見よがしに死んでましたよね!
クリムゾン
ストレリチア地区には夜でも構成員が目ぇ光らせてんだよ。警備の目をすり抜けて、しかも誰にも気付かれずに戦闘部の構成員殺すなんて、並の奴じゃできねぇ
ジェンシャン
クリムゾン様ここに住んで長いんですよね?今まで似たような事件なかったんですか?
クリムゾン
ねーよ。怪しい奴はストレリチアの警備がブラックボックスに連れてく。それがここの流儀だかんな
ジェンシャン
それ俺も何回か見たやつですね
ヘデラ
ですが…ここ数日中に連行された人間は、誰もいません
クリムゾン
だろ?射殺事件の犯人が逃げた形跡どころか、目撃情報すらないってどういうことだ?
ヘデラ
中心部の広場は建物に囲まれていて、狙撃できるような場所でもないでしょう…
町内なら話は別かも知れませんが、だとしたらうまく入り込みすぎかと
クリムゾン
ストレリチアが本部構えて20年、訓練した住民に紛れたってか?
ジェンシャン
街中で、しかも銃で殺したんなら音しますよね
クリムゾン
それが誰も銃声なんざ聞いてねぇからな。それで情報部が今、死因を捜査してるってわけだ
ジェンシャン
情報収集はプロに任せるのが一番ですんで、俺らは夜警ってわけですね
クリムゾン
そういうことだ。銃使ってくる相手なら、見えないところから来るかも知れねぇ。気を付けろよ。
ジェンシャン
見えなきゃ気をつけようがないというか…
ヘデラ
気配で感じ取るしかありませんね…。
ジェンシャン
気配ねー
ルピナス
くんくん!異常なしネ!
ディアスシア
ふああ……
ジェンシャン
あれ?ルピナスちゃん。こんな夜に出歩いてたら危ないよ。
ルピナス
違うネ!夜警ヨ!
ルピナス
あたしは鼻が効くから、見回り組に抜擢されたのヨ!
ルピナス
狼になって、この町を見張るネ!
ルピナス
アオーン!
ヘデラ
狼になったら、むしろ撃たれないか?
ルピナス
かかってこいヨ!撃ってくれば場所がわかるから!
クリムゾン
ディアスシアは何なんだ
ディアスシア
僕も夜警。今日のために昼間にいっぱい寝ておいたんだけど、夜になるとやっぱり眠い…ような…
クリムゾン
眠くても良いけど仕事しろよな
ディアスシア
んん…はぁい。怪しい奴を見つけたら、自分の魔法で捕まえてやるんだ。
ジェンシャン
生け捕り頑張って、お互い気を付けようね。んじゃ!
しばらくの見回りの後
ジェンシャン
おっとルピナスちゃん、また会ったね
ルピナス
こちら異常なしネ!
クリムゾン
何よりだな。変な奴も見てないか?
ヘデラ
おかしな臭いはしていないか?
ルピナス
そうネ…。くんくん…くんくん…
ジェンシャン
!?
<画像>
ジェンシャン
あの茂みだ!一瞬光った!
ルピナス
あっちネ!!
ルピナスが狼に姿を変え、草むら目掛けて飛び込むと、銃を抱えた男が飛び出してきた。
…!
クリムゾン
あんだテメェ?!撃たれてぇのか!
ジェンシャン
アイヤー!クリムゾン様下手なんだから撃たないで!!お座り!!
ルピナス
待てー!!
ヘデラ
ルピナス、応援を呼ぶんだ!
ルピナス
任せて!アオーーーン!!!
ディアスシア
そら来た!待てーっ!
ルピナスの遠吠えが響くと、ディアスシアが現れ、いつもの眠たげな様子とは打って変わり自慢の足の速さで男を追いかける。
くそっ…!早い…!
ディアスシア
生えろ!ツタの葉!
ディアスシアが右手を振り上げると、地面から次々とツタが生い茂る。
ルピナス
いけー!足を取るネ!
ディアスシア
生えろ!かしの木!
足を取られて速度の下がった男を目掛け、ディアスシアは人差し指で宙に一本、地から天へと筋を書き上げる。
するとかしの木が生えてきて、すっぽりと男の体を包んでしまった。