ひとり劇場

🍑紫耀

Twiceモモ&キンプリ平野紫耀の物語♡

紫耀
おい。モモ。早く歩け。
モモ
なっ…紫耀が早すぎるだけでしょ?
紫耀
だまれ。
モモ
(紫耀怖い…)
モモ
今日は幼馴染みの紫耀と遊ぶ日。
モモ
でも、紫耀はいつもドS…
モモ
ねぇ、今日どこで遊ぶの?
紫耀
どこでもいいわ。
モモ
あっ、じゃあ遊園地行かない?
紫耀
は?
モモ
友達がいい場所だよって教えてくた所があって、そこ行ってみたかったんだ〜。
紫耀
あっそ。もうメンドイからそこで良くね。
モモ
そっ、そうだね。
モモ
(相変わらず紫耀怖い…)
モモ
遊園地
モモ
わぁー!!人がいっぱい!!
紫耀
そりゃそーだろ。
モモ
だ、だよね(^_^;)
紫耀
数分後
紫耀
暇だわ。
モモ
じゃあ何か乗る?
紫耀
そうだな。暇だし。
モモ
何乗るの?
紫耀
テキトーに何か?
モモ
じゃあコーヒーカップ行く?
紫耀
あぁ、別に良いんじゃね。
モモ
だっ、だね。
モモ
コーヒーカップに乗り終わり、
紫耀
あ〜暇だ。
お化け屋敷のスタッフ
そこのカップルさん!!
お化け屋敷のスタッフ
暇ならお化け屋敷で愛を深めませんか〜?
モモ
え?あっ、あの、
お化け屋敷のスタッフ
はい!!2名様ですね。中へどうぞ〜!!
紫耀
え?おっ、おい!!
紫耀
こうしてモモと紫耀はお化け屋敷にはいることになった。
紫耀
なんだ、あのお化け屋敷のスタッフ。お化け屋敷空いてるからって、強引に連れ込むすぎだろ💢
モモ
そっ、そうだね。
モモ
(どうしよう。私お化け屋敷苦手なのに…)
紫耀
はぁ〜。しょうがねぇわ。このお化け屋敷から出ねーとだな。
モモ
そっ、そうだね(><)
紫耀
(ん?そういえば、モモって、俺の記憶が正しければ昔お化け屋敷苦手だったよな。)
紫耀
(今はもう大丈夫になったのか?)
紫耀
なあ、モモ。昔は結構モモお化け屋敷苦手だったよな。
モモ
うっ、うん。
モモ
(まだ苦手なんだけどね…)
紫耀
じゃあちゃっちゃっと抜けようぜ。こんなお化け屋敷。
モモ
そっ、そうだね。
モモ
すると、急にお化けが出てきた。
モモ
(*´>д<)キャ-、お化け出た〜
紫耀
は?お前っ、
モモ
紫耀怖いよ〜( o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅ )
紫耀
なっ、(可愛い…)
モモ
怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い
紫耀
そんなに怖いか?
モモ
怖いよ( o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅ )
モモ
すると紫耀がモモと手を繋いだ。
紫耀
昔みたいに怖がんなよ。しょうがねぇから昔みたいに手繋いでやるよ…///
モモ
あっ、ありがとう/////
モモ
(こんな優しい紫耀は久しぶりだ。)
モモ
実は紫耀は昔はとても優しい少年だった。が、紫耀が大きくなるに連れてドSになってしまった。
モモ
12年前
モモ
(*´>д<)キャ-、怖い
紫耀
どうした?モモ。
モモ
お化けがいるよ〜。やだよ( o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅ )
紫耀
大丈夫。お化けなんかいねーよ。いたとしても、俺がいるから安心しろ。
モモ