ひとり劇場

憂鬱・ヒットマン

ミステリー風 欅坂妄想トークです

齋藤 冬優花














○○
おい、
○○
おいっ、
○○
いつまで寝てんだよ
上村 莉菜
んん……
○○
服シワつくぞ
上村 莉菜
ほんとですね〜……
上村 莉菜
窓を5センチ開ける
上村 莉菜
















上村 莉菜
ひゅわ〜…寒いですよ……
上村 莉菜
上村は布団を巻き込み
上村 莉菜
顔を隠す
○○
12時だぞ
上村 莉菜
もうそんな時間ですか……
上村 莉菜
上村の呟きから
上村 莉菜
沈黙が走り
上村 莉菜















上村 莉菜
飛び起きた
上村 莉菜
ん〜!!
上村 莉菜
腕を高く上げ
上村 莉菜
大きく伸びをする
上村 莉菜
さて、!
上村 莉菜
行きますか!
上村 莉菜
サンダルに足をつっかけ
上村 莉菜
そそくさと部屋を出て行った
上村 莉菜















○○
教えて欲しいって言ったのお前だろ
上村 莉菜
ルームキーを揺らしながら
上村 莉菜
前を歩く上村に声をかける
上村 莉菜
テスト来月ですよ?
上村 莉菜
教えて欲しいじゃないですか
○○
今のままじゃ無理だろうけどな
上村 莉菜
またそういうこと言う〜
上村 莉菜














上村 莉菜
エレベーターに乗り込み
上村 莉菜
「55」のボタンを押した
上村 莉菜
上村 莉菜
でも私、本番に強いから
○○
まともに練習してから言うセリフだな
上村 莉菜
してますよ?
○○
嘘つけ
○○















○○
無機質なアナウンスと共に
○○
扉が開く
○○
○○
何にしたってそうだろ
○○
お前は準備が…
○○
○○
背の低い上村の
○○
顔を見ながら歩き始めると
○○
















○○
ぶつかった
○○
○○
あ、すみません…
おい!
どこ見て歩いてんだ!
○○
すみません、俺の不注意です……
○○
















○○
高層ツインタワーホテル
○○
サンセット横浜
○○
○○
夜通し稽古をつけてほしいと
○○
上村に頼まれた
○○
○○
ホームは24時間開いていないから
○○
遊技場のある、このホテルで
○○
















○○
三泊二日って言う割に
○○
ほとんど寝てた気がするけどな
上村 莉菜
ほら、最後の夜ですよ
上村 莉菜
気合い入れていきましょ〜
上村 莉菜
マイキューを取り出し
上村 莉菜
へらへらと笑いながら
上村 莉菜
俺に差し出す
上村 莉菜














○○
ボーラードでいいんだろ?
上村 莉菜
え〜……
○○
プロ試験はボーラードじゃないか
上村 莉菜
そうですけど〜……
上村 莉菜
もう一人でするの飽きました!
○○
はぁ…
上村 莉菜
エイトボールにしましょ!
上村 莉菜















上村 莉菜
「エイトボール」
上村 莉菜
ビリヤードのゲームの一つ
上村 莉菜
1番〜15番の球を使う
上村 莉菜
ローボール(1~7)かハイボール(9~15)に分かれ
上村 莉菜
自分の球を全て決めきったあと
上村 莉菜
8番の球を落とした方が勝ち
上村 莉菜