ひとり劇場

本当にあった話。1

私が実際に経験した話です

天の声兼進行役
これは私が小学6年生の話でした
天の声兼進行役
日曜日、学校用事で家を出て学校へ行きました。
天の声兼進行役
そこには沢山の子供、保護者、地域の人
ガヤガヤ
天の声兼進行役
その場はとても楽しそうに話したり遊んだしていました
キャー!
あのさ~………
天の声兼進行役
ゲームで“伝言ゲーム”というものがありました。
天の声兼進行役
伝言ゲームで私は下級生と保護者に挟まれるような形になり同級生は1名も居ませんでした
天の声兼進行役
そこである女の子と男のが
女の子A
ねぇねぇ!
なぁに?
女の子A
まお(偽名)ちゃんってさ、好きな人とか居る?
好きな人~?………居るよ?
女の子A
誰々?
男の子B
え、まお好きな人居たの?
居るよぉ、それくらい
女の子A
教えて!
え~?〇〇小学校じゃないよ?
女の子A
良いよ!
男の子B
知りたい
ん~、名前も?
女の子A
うん
分かった。
天の声兼進行役
何秒か考えて私は
うちの好きな人は他の学校なんだけどうちより年上で照れ屋さんで身長が高くて優しくカッコいい人!
女の子A
年上なの!?
うん
男の子B
名前は?
章雄(偽名)くんって言う人。
女の子A
章雄くん………ってどんな見た目?
え?身長高くて、見た目は少し怖い。
男の子B
え………まお俺は?
ん?〇〇も十分カッコいいよぉ~
男の子B
ありがと♪
天の声兼進行役
ゲームでビンゴをやることになった私たち
天の声兼進行役
並びます。そこで私は二人に挟まれる形になりました。
ガヤガヤ
天の声兼進行役
回りは騒然としている
天の声兼進行役
さぁ、始まった。
天の声兼進行役
先生たちがビンゴを回して数字を言っている
天の声兼進行役
私は何番か当たった
天の声兼進行役
そこで隣に居た男の子が
男の子B
ねぇねぇ
ん?
男の子B
俺はお前に恋をした
…………え?
男の子B
俺はお前が好きだ
天の声兼進行役
急にコクられた私はどうすることもできなかった。すると隣の女の子が
女の子A
ねぇまおちゃん
えっ、あ、うん?
女の子A
あのさ………~
うん………~
天の声兼進行役
私は告白を流していました
天の声兼進行役
その後彼は何も言ってくることはなかったのです
ガヤガヤ
イエーイ、ビンゴ!
男の子B
ほんと!?まお凄い!!!
女の子A
まおちゃんすご!カッコいい!
天の声兼進行役
そういってくれました。その後、二人とは別れた。
天の声兼進行役
その数日後親友にそれを話した。
天の声兼進行役