ひとり劇場

Gが行く2

まだ始まったばかり

G(ゴキブリ)
えっとですね
G(ゴキブリ)
俺の名前は宮森茜(みやもりあかね)
G(ゴキブリ)
秋に生まれて、秋茜というトンボの茜をとったんだと
G(ゴキブリ)
女みたいな名前だろ?
G(ゴキブリ)
なんで俺がゴキブリの姿かって?
G(ゴキブリ)
そしてなんで隣にこれが眠っているか?
博士
すやすや
G(ゴキブリ)
それは今から始まるんだなこれが
前回の続き
椿
うおぉぉぉ!!
俺は声が出ないし、混乱してる。ゴキブリがひっくり返ってウゴウゴしている姿を想像してほしい
イヌワシ
あちゃー完全に混乱してますね
イヌワシ
にゃんこ先輩
にゃんこ
仕方ないにゃここは我輩が説明するしかにゃいのにゃよ
にゃんこ
おーいおーいそこの黒いテカテカのつるつるくん〜
G(ゴキブリ)
なんだこのバカみたいな声が聞こえるぞ
にゃんこ
・・・後ろ向けこの黒光り君のことにゃよ
イヌワシ
先輩ちょっと怒ってます?
にゃんこ
全然〜(ちょっと気にしてる)
G(ゴキブリ)
くるりなんか馬鹿でかい鳥と、かわいいにゃんこがいる
にゃんこ
ふふふ前言撤回にゃかわいいと言われたからには助けるのにゃ
イヌワシ
先輩ちょろいっすね
イヌワシ
後、馬鹿でかい鳥とかいうな〜鳥だから食うぞ虫!
G(ゴキブリ)
ぎぇぇ
にゃんこ
まあそれは置いといて、君今の状況わかる?
G(ゴキブリ)
・・・俺自身が満身創痍の包帯ぐるぐる巻きに寝ていて、俺がゴキブリに転生してる
イヌワシ
まだ転生はしてないんですけどね
にゃんこ
まぁいいにゃ似たようなものだにゃ
G(ゴキブリ)
むしろどちら様ですか?
にゃんこ
えーとにゃ作者の設定のせいで君を助けるアシスタントみたいな奴にゃ〜
イヌワシ
僕もおまけです、はいおまけです
イヌワシ
君はえーと名前なんですか?
G(ゴキブリ)
ゴキブリではなくみんなからあだ名で(博士)と呼ばれてる
にゃんこ
何故博士なのにゃ?
G(ゴキブリ)
長くなりますけど
にゃんこ
なんか色々聞きたいがめんどくさくなったので省くにょにゃ
イヌワシ
もう少し分かり易くお願いしますということらしいです
G(ゴキブリ)
動物の博士を目指してますはい
G(ゴキブリ)
全部の生き物の分野に精通しています
にゃんこ
生き物博士というものかにゃ〜
イヌワシ
えーとお二方、水を差すようですが時間がないのでぶっちゃけますよ
にゃんこ
あれもうかにゃよ?
G(ゴキブリ)
あの〜なんで俺ゴキブリになってるんですかね?
にゃんこ
そこは我輩が説明するのにゃ!
イヌワシ
あー僕の役取られた
にゃんこ
鳥だけに
G(ゴキブリ)
話進めてください〜
にゃんこ
えーとだにゃゴキブ・・・
イヌワシ
博士君はですね、幽体離脱してあの世に行こうとして
イヌワシ
可哀想だから、生き物を大切にして助けてくれた恩返しとしてチャンスをあげて犯人を探せ的なやつです
にゃんこ
ただにゃー
にゃんこ
ゴキブリ
G(ゴキブリ)
なんでゴキブリなんですかね・・・
イヌワシ
あーそれはですね
にゃんこ
わかりやすく言うと、ここ病院よにゃ〜
G(ゴキブリ)
あーそう言うことか
イヌワシ
病院は動物禁止なんですよね
イヌワシ
後、憑依する元の動物を考えてまたここの病室に戻ってこれるのが
G(ゴキブリ)
小さくて、気づかれずにそして強烈なやつ
にゃんこ