ひとり劇場

空の彼方「1話」

完全オリジナルのお話です。

ハルカ・ケーラン
ロレマウー、ヨチノイー!
ハルカ・ケーラン
ロレマウー、ヨチノイー!ヨチノイ!
ピカーン!
眩い光の中から一人の少女が現れて
カナタ・アグロン・マリーニ
お呼びでしょうか、ご主人様!
ハルカ・ケーラン
フフッ、よく産まれてきてくれたわ。貴方には彼の中に入ってもらうわ。
カナタ・アグロン・マリーニ
はい、分かりました。
ガタガタッ…
小さな光は1人の少年の中に入っていった。
亜仁香
…ん?なんか入ってきた?…気の所為か。
亜仁香の中
カナタ・アグロン・マリーニ
腐った世界だな
カナタ・アグロン・マリーニ
そうかしら?
カナタ・アグロン・マリーニ
ああ、実に腐っている
カナタ・アグロン・マリーニ
ふーん…そう思うあなたこそ腐ってるのでなくって?
カナタ・アグロン・マリーニ
表の顔が長く続くとでも思ってるのか?
カナタ・アグロン・マリーニ
少なくとも、貴方に蝕まれるとは思っていないんわ。
カナタ・アグロン・マリーニ
へぇ…じゃあ、握手しましょうよ!ね?(不敵な笑みを浮かべてカナタに手を差し伸べる)
カナタ・アグロン・マリーニ
ふふっ、哀れな裏の私!
仕方が無いわねぇ…はいっ、握手!
(差し出された手を握る)
コポコポ…
謎の音は、裏のカナタが表のカナタに何かを流し込んでいるように聞こえた。
カナタ・アグロン・マリーニ
なっ、何したのよっ!
カナタ・アグロン・マリーニ
アハハハッ…実に腐っている!腐っている!アハハハッ!アハハハッ!
(満面の笑みでカナタを見つめる)
カナタ・アグロン・マリーニ
…ううっ…痛いっ……痛いっ!
(頬に手を当てると生々しい血が出ており)
カナタ・アグロン・マリーニ
アハハハッ!苦しめ!苦しめ!アハハハッ!
(表のカナタを、嘲笑う姿は悪魔のようだった。)
ハルカ・ケーラン
表と裏で触れ合ってしまったのね…こんな事をするとは思っていなかったわ。表のカナタと裏のカナタの間の子が生まれる…そして、表のカナタの意識は一切ない。それから…亜仁香とやらとは体が別れて1つの生き物として生きる…それでいいのね?表のカナタ。
カナタ・アグロン・マリーニ
…記憶が………なくな…痛っ…
(更に激しい痛みが!ナタを襲う)
ハルカ・ケーラン
今のうちに決めて!それじゃないと、貴方は一生苦しむことになるわ。これは止めることが出来ないの。少しいい方向に舵を切ることは出来る…
カナタ・アグロン・マリーニ
ハルカ様!何故こいつの味方をするんだ!こいつは覚えてないけど…ハルカ様までを危険な目に合わせたんですよ!忘れたのですか?
(思ってもなかった言動に動揺していて)
ハルカ・ケーラン
黙って!…さぁ、表のカナタ!貴方はどうする?
(裏のカナタを睨みつけ、表のカナタには微笑み)
カナタ・アグロン・マリーニ
まざっても……いいっ、この痛み………に、たえ……れな…うっ…
(膝から崩れ落ちて)
ハルカ・ケーラン
…分かったわ。今、楽にしてあげるからね…
(優しく表のカナタの背中を叩けば表のカナタを光が包み込んで)
カナタ・アグロン・マリーニ
…あたい、カナタ!カナタ・アグロン・マリーニだよ!
カナタ・アグロン・マリーニ
嘘だっ…嘘だぁっ!なんでだよ…なんでハルカ様はあいつを助けたんだ!
ハルカ・ケーラン
ふふっ…まぁ、頑張りなさいね。
(そう呟けば光とともに消えて)
カナタ・アグロン・マリーニ
どーしたの?あ、お名前は?
(そう聞く彼女の目には感情というものが宿っていなかった。)

 

投稿日時:2019-03-20 22:56
投稿者:ケイト
閲覧数:28

↑このページの先頭に戻る