ひとり劇場

ゲーセンで出会った不思議な子の話。

2ch

たまの休みや講義の空きにゲーセンに行って格ゲーをやるのが好きだった 。
そこであった話を、ちょっと書かせて欲しい 。
俺はといえば、大のゲーセン好きだった。
格ゲーにアケカードゲーに音ゲ、割となんでもやっていた。

というより、そのゲーセン独特の雰囲気が大好きだったんだ。
俺は趣味といえば絵を描くくらいで、大学でもなんのサークルにも入っていない。
だから学部に何人か友人はいれど、基本休みは独り。

だからこそゲーセンに惚れ込んでいた。
ゲームをしていれば顔馴染みはできるし、言葉は悪いが、ゲーセンに行くと
「あ、俺みたいなダメな人はたくさんいるんだ…」
てきな居心地の良さがあった。
基本、ゲーセンで顔見知り程度の知り合いができるのは珍しいことではない。
毎回同じ所に行って同じようなゲームをやっていれば、顔を覚える。

ゲーセンでできた友達ってのも何人かいた。
ゲーセンってのは多分、皆が考えるよりは健全でいい場所だと思う。
俺はその日も講義が半日だったので、
午後から意気揚々といつも通りゲーセンに向かったんだ。
あのワクワク感がいい。

今日は「何すっかなー」なんて迷いつつ俺は『スーパーストリートファイター4』を始めた。
平日とは言え、たまたま猛者が一人いて負けがこんでイライラした。
その日は、もうスパ4はいっか…
ってなって『ブレイブルー』か『LOV』をやろうと思った。
『LOV』ってのは、スクエニのアーケードのカードゲームでハマるとなかなか面白い。

金がかさむからあまりやらないんだけど、その日はやろうって決めた。
俺は筐体に座って、しばらくそのゲームのプレイに興じていた。
珍しく勝ちが続いた。そんなに得意なゲームじゃないんだが。
すると、俺の隣の筐体に女の子が座った。

『LOV』の人口的にも、ゲーセンでなかなか女性プレイヤーに出会うことはないから、 ちょっと驚きつつも
「まあ別におかしいことはないよな」
って思いつつ俺はゲームを続けていた。
自分のゲームが一段落すると、俺は隣の女の子の方を見てみた。

キャスケット帽?っていうのかな、深々かぶっていて顔はよく見えなかった。
俺は「面白い子だなー」なんて思った。
そして、こういうとこで趣味の合う子とか身近でいたらいいだろうに…
と半ば妄想していた。
しかし、彼女は負けると独り言を言い出した。

「今のはだめかー…」
「う~んなんでだろう」

はたから見るとちょっと変な人なんだけど、俺はなんだか彼女のことが気になりだした。

どういう気持ちで俺がそうなったのかは分からないが…
俺も最初は「まわりに聞こえるくらい独り言とか…ちょっとな…」
って思って印象は最悪だった。
けどなんか気になった。

そうすると彼女は早々と『LOV』から引き上げて『スーパーストリートファイター4』をやりに行った。
俺は気になり、ついていって彼女の試合を観戦してみる事にした 。
そうすると、彼女、その時使ったキャラは『さくら』。
そしてなかなかに強い。PP3000くらいはありそう。
なんだろ、この辺知らない人は分かり辛いかもしれないけど、
普通に俺より遙かに上手かったんだよね。

俺は驚いて「ほぉー…」と思ってじっと対戦する彼女を見つめていた。
俺も見ていたせいか、数人の人だかりができて、彼女がコンボを決めると
「お、おお…」みたいなしょぼい歓声みたいのがあがるようになっていたw

なんだろ、その時の彼女はすごく輝いて見えていたよ。
でも彼女はこのあと予想外の行動をとるんだよね…
さっき俺をボコボコにしたであろう、猛者プレイヤーと彼女が当たって、
彼女なら勝てるかも…と思ったけど負けちゃったんだよ。
けっこう惜しかったんだけど。

俺も「あー残念…」くらいに思って見ていたんだけど
彼女は顔を真っ赤にして明らかに泣いていたんだよね。
声はゲーセンだから聞こえないけど。

俺は唖然とした。
彼女はこの時キャスケット帽をとったんだけど、ショートヘアで顔真っ赤。
明らかに泣いた状態で店外の喫煙所とかありそうな方向に出ていったから
俺もなぜか無心で追いかけていた。

なんで追いかけてしまったのかが謎なんだけど。
店の端の、割と静かな喫煙所っぽい所に彼女はいた。
目を真っ赤にしていた。
というか、キャスケット帽をかぶり直していたけど、顔が好みで困った。
多分一般的には可愛いって言われないタイプだと思うけど、俺はドキっとした。

俺は喫煙者だし、煙草を吸うふりをして彼女に話しかけようと思った。
富沢
さっきは、惜しかったですね…
ふてくされているかと思っていたが、そんなことはなかった。
吹石
あぁ、見てたんですか、恥ずかしいです
わたしああいう所だとつい必死になっちゃって…
笑いながら話してくれたのには驚いた。
恐らく、ゲーセンにいるって段階で、
初対面の会話の壁ってのが数段なくなっているんだと思う。
お互いにゲーム好きだと分かっているし、
ここで自然な会話が生まれたのはゲーセンだったからだと思う。
そうすると彼女は面白そうに
吹石
煙草一本くれません?
富沢
え、あ、吸うんですか?
吹石
吸わないけど…
なんか見てたら…なんか
この時点で薄々分かっていたんだが、彼女は天然か変な人かよくワカラン人のいずれかだったw
しかし俺はといえば
大学生活サークルなし、青春なし、家に帰れば絵かきに身を費やす
という生活を送っていたため、女の子と話すこと事態稀も稀で、舞い上がってた。
富沢
じゃ、吸います?w
キャスターってんですけど…
ちょっと甘いかもですw
吹石
ありがとございます~!
吹石
すぅぅ…
吹石
ゴホ!ゲホ!
なにこれ苦しい…
案の定涙目になっていた。
よろしくないことではあるが、俺はもうその時
なんなんだこの人すごく面白いし可愛いって気持ちに取り憑かれていた。
煙草が初めてってことは…
そんなに悪い感じの子ではない。
まあ見た目からしてそうではあったが。

あと、なんか知らないけどやたらと笑う。
そこで数分格ゲー談義をしていたんだけど、すごく笑うんだ。
女の子ってこんなに笑うの?というか笑った女の子ってすごい。

そもそも、こんな誰とも話せたことのない格ゲーの話を今ここで初対面の女性としているということが一番信じられなかった。
なんだかすごい打ち解けてしまって、あの喫煙所で一体何分話したろう。
そうなってくると、男としては
「連絡先を知りたい」
という欲望が出てきしまう。
20~30分話した時くらいだったか

趣味の話になっていて俺が言ったんだよ。
富沢
ちょっとね、イラストを描くのが好きで…
ゲーセンにいた子だし、こういうことにもちょっとは興味を示してくれるんじゃないか
なんて淡い想いもあったわけだが…
吹石
イラスト?
笑顔いっぱいだった女の子が急に、すごく暗い顔になった。
富沢
ま…その話はいいよ…
富沢
それじゃ、また…ゲーセンで会えたらいいね…
予想外だった。
連絡先どころか、ほぼ喧嘩別れクラスの雰囲気の悪さで別れてしまった。
イラスト、ちょっとくらいはテンション上がって話が膨らむかなと思ったんだけど…

もしかしたら、そういうのが嫌いな人だったのかもしれない。
そう思って俺は落胆した。

「一体あの子は何だったんだろう…?」
キャスケット帽が似合っていたのは覚えている。
でもそんな風貌でゲーセンに来るなんて…
俺はすごい気になった。
いかんせん、俺が人間として少しでも甲斐性を見せるにはイラストしかなかった。
だって、それしかしていなかった…

それから数日経って、俺は再びゲーセンを訪れた。

彼女はまた居た。
その日は『LoV』をやっていた。
その日はなぜかベレー帽。
でもそれも似合っていて、可愛かった。

相変わらず不思議な人だなあ…と思いつつ
俺もおもむろに近くで『LoV』をプレイし始めた。
この時、様々な疑問が浮かぶ。

今日は平日だぞ。
俺は講義半日だからいるが。
彼女はなんなんだ?
大学生?フリーター?

同い年くらいに見えるけど…
というか名前も知らないし。

悶々として、ゲームに集中できない。
『LOV』の彼女の称号レベルをチラ見する。
やはり、俺よりやりこんでいる。
そして勝率も高い。
明らかに俺より上級プレーヤー。

そして勝つと、
「やったね~!」と声を上げる。
相変わらずの奇人っぷりを発揮していらっしゃる。
ゲームが終わったところで俺は、肩を叩いて
ども、と会釈する。
吹石
あ、来てたんだね~
ジュース買おうぜ~
などと言い出す。
もはやキャラが分からない。

馴れ馴れしいし、
本当に素の時は変な人なんだ。
なんなんだこの人。
ますます気になる。
自販機前で
富沢
あ…この前はなんか…すいませんでした
すると彼女は何が?ときょとんとした顔になった。
富沢
ほら…イラストとか言ったら…
吹石
あ~、あのことはね、ちょっと…
吹石
私もね~描いてたんだよ、ついこないだまでね!
富沢
絵を描くの好きなんですか?
俺がテンション上げて言うと、にっこり笑って
吹石
好きだったんだよ
今は描いてない
富沢
どうして…ですか?
ってかアナタって今日も平日ですけど…
大学生さんとか…ですか?
吹石
ちょっと違うかな
吹石
わたしは美大だよ
だから大学生だけど、今はなんというか…
富沢
ええ!美大って…すごいですね…
雲の上の人だ…
吹石
…今は思い出を見に来てるというか
富沢
はい?
吹石
ここっていい所でしょ
富沢
ゲーセンに…ですか?
思い出?
彼女は次第に俺が年下だと気付いて、口調は変わっていた。
富沢
え、そりゃどういう…
吹石
ま、さ!
いきなり大声を出す。
吹石
一回で知りたいこと全部知れるほど、簡単じゃないよ~
といってゲームにもどろうとする。
富沢
え、そんな…
また次もゲーセンに来てくれますよね!?
吹石
くるくる~
まだ浸りたいから…
彼女の言葉はひっかかることだらけだった。
思い出?
その時の俺にはまったく理解ができなかった。

そして美大生。
ますます俺は彼女の虜になてしまった。
自分に無い何かを持っている人。
よく分からなくて、自分を振り回す人。
きっと俺はそういう人に弱かったんだ。

もともと大好きで通っていたゲーセン。
それからは毎日違うときめきと 一緒に通うことになる。

今日はいるか?明日はいるか?
もちろんいつも会えることはなく、会えない日のほうが多かった。
もしかしたらもう2度と会えないんじゃないか…
そんな風に思うこともあった。
何日か通っていると、彼女は再びゲーセンに現れた。
またベレー帽を被ってたんだけど、いつもと様子が違った。

服が作業着っぽいのか、インクやアクリルがついていて、
靴にいたっては絵の具だらけに汚れていた。
『LOV』をする手も、絵の具で汚れているようだった。
俺はもうときめいちゃって、ワクワクして話しかけた。
富沢
こんにちは~
吹石
うん…
いやにテンションが低かった。
明らかに何かあった感じではあった。
でもまあいつも変な感じではあるんだけど、その日はなんか、落ち込んでいた。
ゲームに負けても独り言を言わない。
ただ黙ってひたすら…
その横顔が自分とは違うちょっと大人に見えた。
富沢
一戦終わったら休憩しませんか?
ね?
吹石
そ、そのとおりであるね~
やはり変ではあるが。
富沢
今日は大学で絵でも描いてきたんですか?
吹石