ひとり劇場

BE LOVE 〜 side M 〜

宮田 玉森 Kis-My-Ft2 キスマイ 宮玉






好きなんてものは曖昧で
だからこそより一層愛おしく思うのかもしれない。
























ユウタ
んん としくん?、
トシヤ
たまさん。ごめんね?
トシヤ
起こしちゃった?







君が眠そうに目を擦りながら重たい身体をそっと起こす。






ユウタ
いや、大丈夫
ユウタ
もう行くの?
トシヤ
うん。そろそろ。
トシヤ
メイドさんたちも起きちゃうから
ユウタ
そう。






ああ、またそうやって無理して笑うんだね。







ユウタ
じゃあ、また。
トシヤ
うん、後でね。







俺達の関係は決して交わることがないなんてこととっくの昔に、出逢ったときからわかってた。

でも曖昧なその気持ちは隠せなくて
気付いたらいつも一緒に居て

俺が君の一番近くに居るって思ってたのに。

俺は全部知ってる


隣の国の娘との婚約話。

それはそれはとても綺麗な人で
きっと君と並ぶととてもお似合いなんだろう。

俺なんかよりずっと ...

結婚なんて別にどうでもいいんだ

君の気持ちさえ向かなければ。


_______ でも、君は



























君の中にずっと居続けられるのならこのくらいは ...










ユウタ
それ、何?







俺が持っているのは透明の小さなガラスに入った透き通った液体。








トシヤ
これはね、魔法の薬なんだ 〜




そう言ってそっと月に透かしてみる







ユウタ
へ 〜 どんな魔法?
トシヤ
そうだな 、、、
トシヤ
俺たちの気持ちがずっと一緒にいられる魔法かな。
ユウタ
何それ。










ごめんね、たまさん。
君の喜怒哀楽は全て俺じゃないと嫌なんだ。






トシヤ
ふふ、信じてないでしょ?
ユウタ
そんなことないけど
トシヤ
試してみる?
ユウタ
試してどうするの?
トシヤ
ずっと一緒にいるの。













そう言っていつもより強く、もう二度と来ないこと時間を忘れないように君のことを包み込む。











トシヤ
ほら、これはたまさんの分
ユウタ
うん。















2人で飲む

ちょっとだけ甘くて苦い。




ふっ、と意識が遠のいて
































_______





___________





___________________


















_____ チュンチュン








朝はいつも通りやって来て
小鳥が忙しなく鳴き始める。

























俺は君の感情を独占できたかな?、








































1  

投稿日時:2016-05-23 12:42
投稿者:玉森あーちゃん
閲覧数:18

↑このページの先頭に戻る