ひとり劇場

BE LOVE

玉森 宮田 Kis-My-Ft2 キスマイ 宮玉






神様はいつも少しだけ残酷で意地悪だ。
























ユウタ
んん としくん?、
トシヤ
たまさん。ごめんね?
トシヤ
起こしちゃった?







だからそうやってまたキミが寂しそうに笑う。






ユウタ
いや、大丈夫
ユウタ
もう行くの?
トシヤ
うん。そろそろ。
トシヤ
メイドさんたちも起きちゃうから
ユウタ
そう。






そしてキミが心配しないように俺も精一杯笑う。







ユウタ
じゃあ、また。
トシヤ
うん、後でね。







俺達はそれぞれ違う国の王子

俺はシロの国の。トシヤはクロの国の。


お互い決して交わることの無い関係


だから余計に惹かれてしまうのかもしれない


夜が訪れる頃にこっそり自分の城を抜け出し、俺のもとへ来てくれる。
そして夜が明けると共にまた城へ帰る。

毎日がその繰り返し。























でも今日はいつもと違う。










ユウタ
それ、何?







トシヤが持っていたのは透明の小さなガラスに入った透き通った水の様なもの。








トシヤ
これはね、魔法の薬なんだ 〜




そう言って君が穏やかに微笑む







ユウタ
へ 〜 どんな魔法?
トシヤ
そうだな 、、、
トシヤ
俺たちの気持ちがずっと一緒にいられる魔法かな。
ユウタ
何それ。










俺にはわからなかった。
だってそんなものなくたって俺たちはずっと一緒だろ?








トシヤ
ふふ、信じてないでしょ?
ユウタ
そんなことないけど
トシヤ
試してみる?
ユウタ
試してどうするの?
トシヤ
ずっと一緒にいるの。













そう言っていつもより強く、だけど寂しそうに俺を抱きしめた。











トシヤ
ほら、これはたまさんの分
ユウタ
うん。















2人で飲む

ちょっとだけ甘くて苦い。




ふっ、と意識が遠のいて
































_______





___________





___________________


















_____ チュンチュン








朝はいつも通りやって来て
小鳥が忙しなく鳴き始める。

























ただいつもと違うのは















君が隣で死んだように眠っていることだけ。
























 

投稿日時:2016-05-23 12:40
投稿者:玉森あーちゃん

↑このページの先頭に戻る