ひとり劇場

名前(5日目)

試したいこと

カリカリカリカリ
誠一郎
俺は日記を書いている
誠一郎
気が狂わないように
誠一郎
出ることが不可能なら、何が何でも名前を当てる気だった
誠一郎
14人のクラスメート
誠一郎
このクラスメートは、俺が小学生の時からずっと
誠一郎
おんなじだった
誠一郎
俺らが卒業する前にその小学校は潰れた
誠一郎
災害によって
誠一郎
だから、アルバムとかは無くなって一から取り直すことになった
誠一郎
賞状は無事に金庫に保管されていたらしい
誠一郎
それで、中学と高校は互いにバラバラになった
誠一郎
2018年12月
誠一郎
平成が終わるとかなんとか
誠一郎
久々に会うと面影があるやつない奴
スクリーン
それぞれの人が見える
誠一郎
俺は試してみたいことがあった
誠一郎
ペンと紙がある
誠一郎
スクリーン、スクリーン用のお互いの姿が見えるカメラ
誠一郎
監視カメラは別にある
誠一郎
あいつはリモコンで操作する
誠一郎
・・・
誠一郎
あの名無しにバレないように
誠一郎
一か八かだ
誠一郎
モールス信号は無理
クラスメートとは喋ることはできない
誠一郎
だったら
会話できないとは言ってないよな
カリカリカリカリ
誠一郎
できた
誠一郎
それをスクリーン用のカメラにかざすなるべく近づけて
誠一郎
大きい文字で
音がない分分かりづらいが
誰かが見ることを期待した
俺の名前は
本田誠一郎
5日目終わり

2  

投稿日時:2019-02-05 15:45
投稿者:チュン
閲覧数:87