ひとり劇場

あなたは誰か(最後)

玲子と祖父と正一

玲子さんがここにいるのは今日で最後
荷物整理を手伝っていた
正一
あれから、だいぶ落ち着いた時に玲子さんに聞きたいことがあった
正一
玲子さん、もし違ってたのなら否定して下さい
玲子
何でしょう?
正一
最初に来店した時、初めてここへ来たというのは嘘ですか?
玲子
・・・
玲子
なぜそう思ったんですか?
正一
ここの島の雑誌を見てここに来た
正一
最初は、雑誌を見てきてくださった人なんだなと思いました
正一
でもよく考えるとおかしいんです
玲子
どこがです?
正一
雑誌にはここのお店と僕が映っている写真を載せています
正一
複数枚、宣伝もありますが
正一
ですが、玲子さんはこう言いましたよね?
玲子
すみません、この辺りの方ですか?
正一
僕は自分で言うのも何ですが、メガネにオーバーオールの姿で写真に載せていたので
正一
後ですね
正一
祖父は、日記を毎日欠かさず付ける人でした
正一
祖父は最後に燃やしてくれと言いましたが、私は聞きませんでした
正一
届かなかった手紙と祖父が去年までのつけていた日記を見て
正一
玲子さんと祖父の写真が日記に挟まれていた
正一
写真と一緒にこう書いていたんです
ニット帽子
◯月△日
ニット帽子
正一は元気にしてるだろうか、
この夏の時期は、観光客も多い
ニット帽子
体の節々に老いを感じる
ニット帽子
家族づれの多いお客さんの中で、1人のお客さんがいた
ニット帽子
高校生ぐらいの
ニット帽子
なぜか放って置けなかった
ニット帽子
だから少し他愛のない話をした
ニット帽子
その子は、自分探しをしているらしい
ニット帽子
自分のルーツを辿っていると言って
ニット帽子
その子は、自分は絵を描きたいと言っていた
ニット帽子
それで自分の孫の話をした
ニット帽子
その子はしばらく夏休みの間よくお店に顔を出してくれて、店の手伝いもしてくれる優しい子だった
ニット帽子
自分の進路に悩んでいて、自分のやりたい事をしますと言った
ニット帽子
私は、孫も絵を描いていることを伝えた
ニット帽子
夏休みが終わるので、写真いいですかと言われて写真を撮った
ニット帽子
私は、その子の名前を聞いて
ニット帽子
まさかと思った
ニット帽子
そんなはずはないと
ニット帽子
美優の旧姓と同じ
ニット帽子
私は、君のおばあちゃんの名前はと聞いた
ニット帽子
清水美代子
ニット帽子
だがこの子は気づいてはいない
ニット帽子
この子は、無意識にここへ来たのだと
ニット帽子
・・・
ニット帽子
この子は、清水玲子さんと言った
ニット帽子
正一にも会わせてやりたかったなと思った
ニット帽子
私は、言うことができなかった。この子には関係ないことだと
ニット帽子
喫茶店のマスターとして振る舞おう
ニット帽子
私はどこかで、面影が似ているから放って置けなかったのだろう
私と玲子さんとの写真
20××年◯月△日
玲子
・・・
玲子
微笑
正一
・・・
玲子