ひとり劇場

名前(1日目)

また推理

正一
いやー久々に楽しかった
正一
元気でやれよ
正一
オカン並みの心配性
誠一郎
はよいけ(苦笑)
正一
さいならー
誠一郎
今度、みかんよろしく
友人を高速バスで見送った帰りのことだった
駅のコンビニを出て家まで歩いていて、人通りは少ない
誠一郎
なにせ深夜だしな
前方から人が走ってきた、時々ランニングする人は見かける
ニット帽子
こんばんは〜
誠一郎
こんばんは〜
ニット帽子
寒いですね〜
そう言ってニット帽子のランニングマンが横切った時だった
ランニングマンはくるっと振り返りポケットから
バチィッバチッバチバチ
誠一郎
っっ
誠一郎
・・・
誠一郎
スタンガン?
そこで意識が途切れた
起きてくださーい
誠一郎
すやすや
おーきーるーのーだ!
誠一郎
ぐおっは
腹を蹴られた
目を開けると無機質なコンクリートの部屋、蛍光灯の下
誠一郎
えーとどちらさんで?
こんにちは、誠一郎さんというべきか
それともようこそというべきか
誠一郎
はぁ?
君には、
今、目の前にいる人の名前を当ててもらおうと思います
誠一郎
このやろっ
椅子に座っていて気づかなかったが足首が鎖に繋がれていた
拒否権はないよ
誠一郎
名前を当てろだという目の前の奴にイかれてんのかと言った
既にイかれきってるから、もう慣れてると普通に答えた
誠一郎
初めて会う人に名前を当てろという
誠一郎
おかしなゲームに巻き込まれた
言っとくけど、本気ですよ
このスクリーンを見てくれるかな
そう言ってリモコンを取り出し、スクリーンに映し出されたものは
誠一郎
最初は、半信半疑だった。それを見せつけられたら嫌でも目をそらすことができなかった
誠一郎
息を呑んだこいつは本気だということを
誠一郎
なんで
誠一郎
これは俺のクラスメート全員じゃねぇか
君の過去のクラスメート全員14人本人達をここに人質として連れて来た
君にはヒントが与えられる
誠一郎
俺がそれを答えろと
まあそういうこと
誠一郎
俺が答えられなかったらどうなる?
まーそうだよねこんなの見せつけられたらどう展開するかわかるよね
どうなるかはお楽しみだけど
誠一郎
卑怯だ
なんとでも、でも名前を当てることができたら解放するから良いだろ?
誠一郎
っっ
彼らにも質問したけど、自分が助かるかクラスメートを助けるかと言ったら
クラスメートを助けると言った素敵な友情だね
誠一郎
俺もそのつもりだどの道助かる道がないのなら
誠一郎