ひとり劇場

あなたは誰か?(2)

喫茶店での会話(僕の視点から)

前回の続き
正一
温かい飲み物を用意しますので
なにがよろしいですか?
玲子
うーん
玲子
ここのオススメはなんですか?
正一
紅茶と珈琲ですかね
正一
好みにもよりますが
正一
ハーブティもありますし
玲子
私は、珈琲が苦手で紅茶にします
玲子
紅茶の種類も多いんですね
正一
だいたい祖父の直伝なんですがね
玲子
おじいちゃんの直伝ですか
正一
はい
玲子
良いですね
そういうの
玲子
今もおじいさまと一緒に?
正一
祖父は
正一
去年亡くなったんです
玲子
そうですか・・・
玲子
悲しいことを
聞いてしまってすいません
正一
あ!いいえいいんですよ
正一
では紅茶をお持ちしますので
正一
お好きな席に座っててください
玲子
はい
こつこつこつ
玲子
私は、喫茶の中を見回した
玲子
アンティークな雰囲気の
純喫茶というべきね
玲子
昔ながらの風情を残す昭和レトロな
玲子
大切に使われていて、
特に窓ガラスがステキね
玲子
だってステンドグラスだもの
玲子
赤、青、黄色、透明
日の光に照らされている
玲子
・・・
正一
僕は、紅茶の準備をしつつ
おまけのケーキを準備していた
正一
あのお客さん女性だったんだ
正一
お客さんの方をチラッと見る
マジックミラーの厨房にて
正一
・・・
グレーカットソー、ジーンズ、スニーカー
髪型は、アップにしている
そして、花の飾りが印象的
シンプルで地味だが
オシャレに見えるのは
その人の品性なのだろう
内側から滲み出る感じ
顔のどのパーツもバランスが
取れていてきれいな黄金比というべき
その人は、年上にも年下にも見えた。
中性的な感じだな。
玲子
・・・
ステンドグラスの窓を見ていた。
雨粒がポタポタとつたい、
外はいつもと違う静かで暗めな風景
正一
ここら辺の人でないのは確かだ
正一
さて持っていくか
こつこつこつ
正一
どうぞ、ブレンドの紅茶です
玲子
ありがとうございます
正一
あのなぜお店の前にいたんですか?
正一
差し支えがなければですが・・・
玲子
私ここの近くに
しばらく住むことになって
正一
移住された方ですか?
玲子
いいえ
私大学生で今夏休みなんです
正一
大学生の方ですか!
正一
帰省とかですか?
玲子
いいえ一人で
ログハウスを借りてるんです
玲子
インスピレーションが欲しいな〜
と思って
正一
あーわかります
自然って癒されますよね
玲子
ええ
正一
僕も絵を描いてたんですよ
玲子
そうなんですか
今も?
正一
まぁちょこちょこと
玲子
いいな〜
素敵な喫茶店しながら
描いてるなんて
正一
赤字からやっと黒地に変わりましたけどね(苦笑)
島の事、絵の事、大学生活とか
他愛の無い話をした
ただし本人のことは聞かなかった
玲子
私ここの島の雑誌を見てきたんです
正一
そうなんですね
でも田舎ですし、不便ですよ?
玲子
私の住んでたとこも
こんな感じの田舎ですから
不便さには慣れてるんです
正一
どこから来たんですか?
玲子