ひとり劇場

空白を舞う蝶

病院で死と孤独に抗う儚い青年の叫びを表現しました。

静かな部屋にひとりぼっち。いつもと変わらない、白い天井を見つめている。
体は火照って苦しみを青年にぶつける。しかし青年はいずれも虚ろな目で白い天井を見つめていた。
「…。」
「何もかも、終わって仕舞えばいいんだ。こんな世界…死んで仕舞え。」
すると、何処からか透明度の高いエメラルドグリーンの蝶々が部屋に入って来た。青年はそれを見て思わず鼻で笑う。
自分よりも小さな生命の動物を見てそれを哀れに思った。ヒラヒラと綺麗な羽を羽ばたけかせて、まるで青年を魅了するようだった。
「僕は君の誘惑には捕まらない。」
それよりも、蝶々の魔法の粉で早くこの真っ白な天井や壁を汚して欲しかった。いい加減狂いそうだった。昼は無意識にシミの数を数え、夜は何かが這い上がって来そうな気配に苛まれる。
一匹の蝶々が飛び回ったとしても青年だけの空間は依然として静寂に包まれていた。彼の枕元には乾いた花瓶が置かれていた。
青年はふと蝶々の方に手を伸ばすが、蝶々はとまらず飛び続ける。
「お前は必死なんだな…僕とは大違いだ。」
「僕なんて…」
もう諦めているから。
乾いた笑い。誰も同情なんてしてくれない。出来ないから。
青年だけの痛み。青年だけの体。外側から腐っていった彼の心。
青年が眠気に襲われた刹那に、蝶々は姿を消してしまった。青年は蝶々の行方を目で追ったがそれらしいものは見つからなかった。
「お前も僕を置いて行ってしまうんだね。」
青年は初めて大粒の涙を流したのだった。真っ白なベッドに大きなシミを作り、青年の部屋は彩られた。
「…死にたくない。」
青年は大声をあげて泣き始めた。彼の中にあった小さな小さな感情が、どんどん存在をまして涙となって溢れ出した。
「死にたくない…なんで僕が死ななきゃいけないんだ!」
出来ることならこの窓から飛び立ちたい。自由になりたい。この狂った部屋から解放されたい。
「嫌だ嫌だ嫌だ…嫌だ…!!」
青年は殺風景だった部屋を乱雑に荒らして行った。全て壊れて仕舞えばいっそ気持ちがいいと思ったのだ。
開くはずのなかった扉が開く音が聞こえ、青年はふと我に帰る。
「 シオリくん…?」
彼女は静かに乾いた花瓶に花を刺した。

 

投稿日時:2019-01-07 03:07
投稿者:夢魔
閲覧数:19

− 夢魔さんの作品一覧 −

※投稿者名が重複する方の作品も含まれる場合があります

空白を舞う蝶
病院で死と孤独に抗う儚い青年の叫びを表現しました。

2019-01-07 03:07

投稿者:夢魔

捨てられた僕
捨てられた僕の気持ちになって作ってみました。僕とは誰か、想像しながら読んでみてください。

2018-06-09 22:30

投稿者:夢魔

愛と嘘
気持ちを詩のようにしてみました。

2017-10-25 21:43

投稿者:夢魔

あなたに食べられるまで
お馬鹿な羊とクールな狼のいまいち噛み合わない会話をお楽しみください!

2017-09-30 16:04

投稿者:夢魔

待ち人来らず 〜雨女と晴れ男〜
少し長めの恋愛小説です。※ごめんなさい、しんどかったので会話文が「」です。

2017-06-25 09:00

投稿者:夢魔

イマジナリーフレンド
イマジナリーフレンドについてです。特にストーリー性もなく、フィクションです。

2017-06-10 23:54

投稿者:夢魔

ヤンデレすぎて性転換した。
機種変した夢魔です。久しぶりの投稿で表現力が落ちました。※途中からBLです

2017-05-26 22:18

投稿者:夢魔

魅惑の巣・囚われの蝶
2人の関係を断ち切るきっかけとなった場面。

2017-02-25 14:54

投稿者:夢魔

新世界へようこそ
己が見ている世界の狭さ、世界観への欲求。それらに苦悩する人間の話です。言い換えるなら「美しさ」へ執拗に固執してしまう性質の人間の話でもあります。

2017-02-13 01:33

投稿者:夢魔

先輩と俺。
俺くんと部活の先輩が廊下でばったり会った設定です。背が低い子をからかってみたい願望があります(*゚▽゚*)

2017-02-09 11:38

投稿者:夢魔

夜恐怖症
実体験をもとにして考えました。特別なオチはありません。

2017-02-07 15:45

投稿者:夢魔

下校中のリア充に遭遇しました。
※リア充注意! リア充の会話を想像…。む、虚しくなんかないです。

2017-02-04 13:51

投稿者:夢魔

ヤンデレ
ヤンデレいいよね。ということでヤンデレの良さを広めるべく典型的なヤンデレの思考を考えました。

2017-01-29 22:52

投稿者:夢魔

無我夢中
夢中になるって大事なんです。

2017-01-23 01:37

投稿者:夢魔

ごめんね。
喧嘩した時考えました。

2017-01-20 16:27

投稿者:夢魔

命綱
欲求を満たすことで日々を繋いでいた少年の話。

2017-01-17 23:41

投稿者:夢魔

↑このページの先頭に戻る