ひとり劇場

隊長と大和(天華百剣)

大和の新撰組衣装が来るので作った 天華百剣

…ある夜…
真志
……
今頭を悩ませいるこの男は、「お花見集」直轄のめいじ館の巫剣使い、名は「真志」という
真志
大和…
そう、真志を悩ませていたのは最近、明治館に入隊してきた巫剣、「大和守安定」…略して「大和」の仕業であった
真志
「大和」…「大和守安定」…あの鉄と戦場を共にした巫剣…
入隊してきたばかりの大和は、やる気がなく、結束力もなく…で同じ隊になった巫剣から苦情がくる始末だった…
ある騒動のあと、真志はなんとか大和と絆を紡んだ…そのおかげか、他の巫剣からの苦情も減った
大和はそれ以降、真志に対する態度が大きく変わった…どう変わったかと言うと…
大和
隊長さーんっ!一緒にお酒飲みましょう?
真志
ん、ああ、行こうか大和
大和
フフ♪流石隊長さんは付き合いが良いですね
大和が積極的に真志に接触する様になった事である……
大和
フフ♪お酒…美味しいですね?
真志
いや〜本当にそうだよなぁ
大和
ですよねぇ〜
俺の言葉に相槌をし、酒を上品に飲む大和…正直に言うと似合っている
真志
……
俺はそんな大和を見て微笑みながら酒を飲む…だが俺はそんな事をする為にノコノコ付いていった訳ではない…
疑問に思っていた事を聞く為に、俺は付いて来たのだ、である為…早速話しを切り出す
真志
なあ大和
大和
おや?なんでしょうか?
真志
今日は俺と大和の差しで呑んでいる訳だが…虎徹は誘わなかったのか?
大和
…今日はそんな気分じゃなかったんですよ、局長を交えちゃうと話せない事もありますし
真志
…?話せない事?
大和
やはりそこに食いつきはりましたか…
真志
そりゃ気になるしな
俺が大和の問いに答えると、大和は先程の上品な呑み方をせず、勢いよく酒を呑んだ
大和
隊長はんっ!
その後大和は俺に顔を急に近づけた
真志
や、大和?
すると大和は…
大和
隊長はん…わての…私だけの巫剣使いになって下さい…ダメですか?
真志
……
……こういう風に他の巫剣に言われた事は少なくはない…だが俺は明治館の巫剣使い…もとい巫剣達の隊長だ、誰かの一人になる…なんて事は出来ない
真志
大和…俺は、誰かの一人にはなれない
大和
…ええ…わかっています…意地悪でしたね私…すいません
真志
大和…
長い沈黙の後…俯いていた大和が顔をあげた
大和
じゃあ…隊長さんにとっての一番には…なれますか?
真志
…え?…それは…俺が一番に信頼を置く巫剣になりたい…って事か?
大和
はい…
その言葉に俺は驚愕した、あの大和がだぞ!?鉄にべっとりだったあの大和が何だ!?
俺の「大和だけの巫剣使いになって欲しい」だとか、「俺の一番」になりたいだとか…
真志
おいおい大和、そんな事言って…虎徹はどうしたんだ?
驚きすぎてついついしたり顔で冗談を言って茶化してしまった
大和
隊長はん…
真志
や…大和?
その時、空気が変わった…そして大和の俺を見る眼が変わった
大和
わては本気やで?隊長はん?そう冗談で誤魔化されると…困ります
あの眼は、いつも虎徹に向けている眼と同じだ…どういう事だ?何があった?俺は大和に何かした覚えはないぞ!?
真志
大和…変だぞ?何か焦ってないか?
大和
ッ…!?…フッ…フフッ…フフフフッ
図星…だったのか?俺の言葉が刺さったのか大和は急に狂ったように笑いだした
真志
大和?
大和
フフッ…やっぱり隊長はんは手ごわいわぁ…
真志
なッ!?やっぱり俺をっ
大和
いいえ…わては本気です、やけど…そうやねぇ…柄にもない事、するもんじゃ無かったですね…
真志
大和?
大和