ひとり劇場

お前スプラトゥーンやめろ

3top

ひふみ
今回のフェスもまた1人ぼっちか...
ひふみ
寂しいなぁ...
ひふみ
...このままじゃダメだ!
プルルルル...プルルルル...
よろづ
もしもし!
ひふみ
よろづさんお久しぶり!
よろづ
アッ...ひふみくん...
よろづ
...どうしたの?
ひふみ
最近いつもの場所に来ないからさ
ひふみ
今から一緒にナワバリ行きたいなって思ってたんだよ
よろづ
あのね…言えなかったけど最近私忙しくて...
よろづ
もうハイカラスクエアに行けないかもしれない
ひふみ
えっ
ひふみ
それってどういうこと
よろづ
ごめんもう切るね
ツー...ツー...
ひふみ
...そうだ...かるまは...
プルルルル...プルルルル...
かるま
いえーい!!!!!!!!!!楽し〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
ひふみ
もしもしかるま?
かるま
おっひふみじゃん!
ホッ...良かった...かるまは大丈夫そうだ...
ひふみ
良かったら今からナワバリに行かないか?
かるま
あ〜〜ッ...
かるま
すまん俺もうナワバリ辞めたんだわ
ひふみ
えっ...
かるま
最近はイカしたゲームにハマってて
かるま
良かったらひふみも
ガチャッ!!!
ツー...ツー...
ひふみ
なんなんだよ…
ひふみ
どういうことだよ!
いつしか俺たち3TOPは解散していた。
元々、3TOPというのは気のあった仲間で出来た交流グループだった。
ハイカラシティから続いた関係はいつひかハイカラシティへそして長い年月を経た。
その関係は時間が強固にしてくれると共に、共通点だったナワバリバトルへの興味を削ぐ余りに過ぎた時間であった。
いつも当然と思っていた、隣に居た大切な友人は既に違う道を歩んでいた。
3TOPのリーダーとして、引っ張らなければと責任感を持っていたが、ようやくこれでお役御免ということだ。
しかし、俺にとってそのことが安堵よりも心の虚空を感じさせたのだ。
ひふみ
よろづ...かるま...
ひふみ
夢じゃないよな…
信じたくない余りに自分に言い聞かせる。これは夢だ。悪い夢だ。
起きたらまた2人がいつもの場所で待っている。そう思えた。
しかし夢が覚めることもなく、現実は刻一刻とひふみを襲った。
布団に潜りながら、無意識に声を殺す。
失ってから気づく大切さを実感してしまう自分が嫌だった。
ふとした時に思い出すいつもの合図。
ひふみ
お前がスプラトゥーンやめてどうするんだよ…

2  

投稿日時:2018-12-18 06:54
投稿者:ひでお
閲覧数:175

↑このページの先頭に戻る