ひとり劇場

覚書のような詩のような

ダテンシ
珠に苦しくてしょうがなくなる事がある
ダテンシ
何故かはなっきりわからない
ダテンシ
ただ、息を継ぎたい
息を吸える場所がない
ダテンシ
何もかもから拒絶されて、こっち入ってくるなって、
私も入る気なんて更々ないが
ダテンシ
何をしても心が押さえつけられてるのが気になる、
ダテンシ
目元は常に泣き出しそう
ダテンシ
そんな闇夜

1  

投稿日時:2018-11-10 09:05
投稿者:にろたろう
閲覧数:87

↑このページの先頭に戻る