ひとり劇場

ヒプノ☆マギカ

『ヒプノシスマイク×魔法少女まどか☆マギカ』ケツピンに死を

観音坂独歩
某日━━
観音坂独歩
『見滝原市』…か。シンジュクから電車で一時間。結構長旅だな。
観音坂独歩
……しかし、先生は何故俺達をあそこに呼ぶんだろうか?
伊弉冉一二三
まあなんでもいいっしょ!先生の頼みなら、どこへだって秒で飛んでいくだろ?
観音坂独歩
……まあ、間違ってるわけではないが……。
伊弉冉一二三
そーそー!それに、最近独歩もそこまで遠出してないしぃ?ちょっとした旅行と思って、パーっといこうぜ?
観音坂独歩
……そうだな。その通りだ。
…最近は、休日でも自宅で寝てるばかりの毎日…
観音坂独歩
その上、有給なんて取ろうものならハゲ課長になんて嫌味を言われるものか…
観音坂独歩
俺の余暇って…俺の人生って…俺って……
伊弉冉一二三
ほーら独歩!まーた陰気な顔になってるっつーの!
観音坂独歩
…ハッ!…また取り乱したみたいだな…ん?
伊弉冉一二三
? どした?
観音坂独歩
いや、目の前の席に座ってるの、ホストかなって思ってさ。服装からして。
伊弉冉一二三
あー、そういえばそうだな…
ホストA
…ったく、言い訳とかさせちゃダメっしょ。稼いできた分は全額きっちり貢がせないと。女って馬鹿だからさ。ちょっと金持たせとくとすぐ、くっだらねぇことに使っちまうからねぇ?
ホストB
いや~ほんと女は人間扱いしちゃダメっすねぇ。犬かなんかだと思って躾けないとね。アイツもそれで喜んでる訳だし、顔殴るぞって言えば、まず大抵は黙りますもんね。
観音坂独歩
……うわ……会話がエグい……めちゃくちゃエグい……
伊弉冉一二三
…………。
伊弉冉一二三
んー、独歩!俺っち、ちょっとトイレ行ってくるわ!
観音坂独歩
ん?ああ。前の車両にあったぞ。
ホストA
…けっ、ちょっと油断するとすぐ付け上がって籍入れたいとか言いだすからさぁ甘やかすの禁物よ 。ったくテメーみてーなキャバ嬢が10年後も同じ額稼げるかってーの。身の程わきまえろってーんだ。なぁ?
観音坂独歩
(……これ、もうエグいというより……胸糞が悪い。
こんな会話、よりによって電車の中でするのか……。)
ホストB
捨てる時もさぁホントウザいっすよね。その辺ショウさん巧いから羨ましいっすよ。俺も見習わないと…

……お?
伊弉冉一二三
……ねぇ、そこの二人……
その話、もっと聞かせてよ?
観音坂独歩
(ん?一二三…?なんでアイツスーツ着て戻って…!?まさか…!)
観音坂独歩
おい、一二三!何するつもりだ!?
伊弉冉一二三
確かに、見返りのない愛なんて稀だろうね…僕たちホストにとっては、特に。
伊弉冉一二三
それでも、相手が欲しているものを悟って、一時だけでも幸せな時間を過ごしてもらう。
それが僕たちの仕事にして、矜持だ。
伊弉冉一二三
お金が欲しいからって、女の子を愛さないでプライドを捨てるのは、向上心のない証拠だよ?お二人さん。
ホストB
…なんだあんた…?
同業か…?って!
ホストA
まさか、あんたは…!
シンジュクナンバーワンホストの…!!
伊弉冉一二三
ふふっ…buon giorno(こんにちは)。
神宮寺寂雷
━━━━━━━━━━━━
神宮寺寂雷
やあ、恭介くん。腕の具合はどうだい?
上条恭介
はい、お陰さまで元通りです。
上条恭介
けど、まるで夢みたいだ…。こうしてまた、あの時みたいにバイオリンを弾けるなんて…。
神宮寺寂雷
…確かに、腕の症状は難しいものだった。けど、それがここまで治ってしまうとは…。
神宮寺寂雷
興味深い。私も、まだまだ勉強が足りないようだ。
上条恭介
そんなこと…!寂雷先生のお陰で、僕はこんなによくいられたんですから!
神宮寺寂雷
ふふっ、ありがとう。でも。よく覚えていて欲しいことがあるんだ、恭介くん。
上条恭介
……何でしょう?
神宮寺寂雷
君がこうしていられるのは、僕たち医者だけの力ではない。
神宮寺寂雷
君の家族や友達、君のことを大切に思う人達がいたからこそ、君はここまで来れたんだ。
神宮寺寂雷
職業柄オカルトはあまり信じないが…奇跡っていうのは、そういうものの積み重ねで生まれるものなのかもしれないね。
上条恭介
……先生。
上条恭介
……実はそのことについて、相談したいことが…
神宮寺寂雷
なんだい?
神宮寺寂雷
━━━━━━━━━━━━
神宮寺寂雷
…そっか。友達に、ひどい言葉を浴びせてしまったのか。
上条恭介
はい……。さやかは僕のことを凄く心配していたし、何よりも回復を祈ってくれていた。
上条恭介
だけど、治らないって聞いて、自分でもどうしたらいいか分からなくて…よりにもよってさやかに当たり散らしてしまって…。
神宮寺寂雷
……恭介くん。
上条恭介
はい。
神宮寺寂雷
私達の持っている言葉というものは、時として何者をも傷つける鋭利なナイフになる。確かに、彼女を傷つけてしまったのは事実だろう…。
上条恭介
はい……。
神宮寺寂雷
それでも。
言葉は、使いようによってはどんな薬よりも効く素晴らしい力になる。
神宮寺寂雷
それに、だ。私達の奏でられる『音楽』も、同じような力を持っている。
神宮寺寂雷
恭介くん。君の腕は動くようになったし、君の口は今も紡げる。
…『言葉』や『音楽』が持つ力、今こそ試してみるべきじゃないかな?
上条恭介
先生……。
僕、やってみます。先生やさやかの前で、感謝の証明を。
神宮寺寂雷
うん。…それで、こちらからも一つ頼みたいことがあるんだけど…
神宮寺寂雷
━━━━━━━━━━━━
観音坂独歩
まっっったくお前は!!本当にビビらせてくれるなぁ!
伊弉冉一二三
本当に申し訳ない、我が無二の親友よ!
……どうしても、許せないものがあったから……。
観音坂独歩
……まあいい。とりあえずこれも貸しの一つだ。
それに、案外俺も言い出せなかったこと、言ってくれたからな。
伊弉冉一二三
独歩くん……
観音坂独歩
しかしだいぶ遅れたな…先生を待たせてないだろうか?
神宮寺寂雷
やあ、独歩くんに一二三くん。
伊弉冉一二三
先生!本日はお待たせしてしまい、大変申し訳ありません!
神宮寺寂雷
いや、いいよ。むしろ丁度よかったくらいだ。
…今日は一二三くんはスーツか…。
観音坂独歩
ええ、まあ…色々ありまして。
神宮寺寂雷
それも丁度よかった、かな。
今日の頼みというのはだね。彼のバイオリンの演奏を聞いてほしいんだ。
観音坂独歩
バイオリン、ですか…?
上条恭介
はい。上条恭介と言います。よろしくお願いします。
美樹さやか
あ、私は美樹さやかです!
伊弉冉一二三
恭介くんに、さやかちゃんか。よろしく。
さやかちゃんは、恭介くんの彼女さんかい?
美樹さやか
へ、へっ!?
上条恭介
!?
観音坂独歩
!?!?!?
美樹さやか
か、彼女だなんてそんな!!わわわ私は、ただの幼なじみで……!
観音坂独歩
一二三ィ!?何言ってんだお前!?あぁぁ、すみませんすみませんすみませんっ!!
美樹さやか
い、いやいやいやいや!そんな謝らないでください!
上条恭介
そうですって!気にしてないですから!
神宮寺寂雷
(…本当に、奇跡的なマッチングだと思うよ……)
上条恭介
それじゃあ改めて、演奏をさせて頂きます…。
神宮寺寂雷