ひとり劇場

東方韻踏唄

『ヒプノシスマイク×東方project』初夜襲です。

夢野幻太郎
某日━━
夢野幻太郎
やれやれ…小生達が乱数の所に呼ばれるのはよくあったけれど…
飴村乱数
ここが幻太郎の仕事場かぁ!すごく綺麗なところだねっ!
有栖川帝統
本当にな。作家の部屋ってもっとゴチャッとしてるイメージがあったけど…
夢野幻太郎
小生の仕事場に乗り込まれるのは流石に初めてですよ。
飴村乱数
あれ?もしかして幻太郎怒ってる?
夢野幻太郎
怒ってはいませんよ。どちらかと言えば呆れてますけど。
有栖川帝統
悪ぃな幻太郎、乱数が行くって聞かなくてよ。こいつ一人で来るくらいなら、俺もついてったほうがまあマシだろ?
夢野幻太郎
どっちもどっちですけどね。まあいいでしょう。
夢野幻太郎
そうですね…
折角麿の屋敷に来たのじゃ。
ここは一つ、余の昔話でも聞いてくれたまへ?
飴村乱数
本当!?やったー!幻太郎のお話、一回聞きたかったんだー!
有栖川帝統
へぇ、珍しいな。お前がそんなことしてくれるの。
夢野幻太郎
最近、ちょっと面白いことがありましてね。小説の題材にする前に、話しておきたいと思いまして。
飴村乱数
それじゃあ早く聞かせてよっ!なにかななにかな~?
夢野幻太郎
では早速…。
夢野幻太郎
……あれは小生が題材探しに、少し旅行に行っていた時の話です。
夢野幻太郎
━━━━━━━━━━━━
夢野幻太郎
━━ある山道を歩いていた時だった。いつの間にか、周りの景色が明らかに変わっていたのだ。そして気付いた時には…小生は『そこ』にいた。
夢野幻太郎
…ここは一体…!?
夢野幻太郎
━━不意に、足元からがらりと音がした。よく見てみれば…それは骸骨だったんだ。それも一つや二つではない。辺り一面が骸骨で埋め尽くされていた。
後から聞いた話では、それは無縁塚と言うらしい。『その場所』に迷いこんでしまった者の成れの果て━━それがここだった。
飴村乱数
━━━━━━━━━━━━
飴村乱数
…幻太郎。これってもしかして、ホラー?
有栖川帝統
な、な、なんだ乱数、らしくねぇな。こ、こ、恐かったり、するのか?
夢野幻太郎
そういう帝統こそ、随分と動揺してらっしゃいますよ?
有栖川帝統
ビビビビビってなんかねーし!?平常運転だし!?
夢野幻太郎
…まあいいでしょう。続けますよ。
夢野幻太郎
━━━━━━━━━━━━
夢野幻太郎
不思議と、小生は恐怖を感じなかった。ただ漠然と、ここが小生の終わりかと、そう思った。……だけど、結局はそれは終わりではなかった。何故なら…。
霧雨魔理沙
さぁ~て、今日はどんな掘り出し物があるのかなっと…お?
夢野幻太郎
……貴女は……?
霧雨魔理沙
なんだ…?また外の人間か?
夢野幻太郎
実際、危なかったところらしい。どうもこの辺りには妖怪が多く、並の人間では食い殺されてしまっていたようだ。
夢野幻太郎
そこは、妖や神々が暮らす郷━━幻想郷、と呼ぶそうだ。
飴村乱数
━━━━━━━━━━━━
飴村乱数
幻想郷!なんだかとっても楽しそうなところだねっ!
有栖川帝統
そうか…?妖怪が闊歩するっていうのは普通にヤバイんじゃ?
夢野幻太郎
おや、意外ですね。帝統ならこういった苦境は好きそうだと思ったのですが。
有栖川帝統
俺が好きなのはギリギリのギャンブル。そういう所に無闇に足を突っ込むのはギャンブルじゃないだろ。
まあ、興味がねーってのは、嘘になるが。
夢野幻太郎
ふむ…まあ、そんなこともありますか。
夢野幻太郎
━━━━━━━━━━━━
夢野幻太郎
命拾いをした小生は、その女の子━━霧雨魔理沙というらしい━━に案内され、人間が住む里に案内された。ここまで来れば、ひとまずは大丈夫らしい。
夢野幻太郎
そこからの経験は、驚きの連続さ。幻想郷で行われる教育を見に行ったり…
上白沢慧音
幻想郷の歴史は、このようになっている。特に重要なのは……
夢野幻太郎
……ふむ。とても興味深いですね…しかし。
何故生徒はこんなにも寝ているのだろうか…?
夢野幻太郎
鴉天狗の新聞記者にインタビューをされる、なんてこともあった。
射命丸文
じゃあまず、年齢を教えてくれるかな?
夢野幻太郎
24歳です。
射命丸文
もう働いてるの?
夢野幻太郎
作家です。
射命丸文
作家、あっ…(察し)
夢野幻太郎
…? なにか?
夢野幻太郎
しかし特に驚いたのは、その文化だ。
この世界では、なにかトラブルや争い事があった時に雌雄を決めるルールがあるという。それは…
有栖川帝統
━━━━━━━━━━━━
有栖川帝統
ギャンブルか!?(ガタッ)
夢野幻太郎
帝統、座っててください。
有栖川帝統
(スチャッ)
飴村乱数
んー、僕たちの所でいう、テリトリーバトルみたいなもの?
夢野幻太郎
まあ、そういうところです。補足しておくと、遊びとしてはギャンブルはありました。花札とかはありましたかね…。
有栖川帝統
やっぱりあるんだなっ!?(ガタッ)
夢野幻太郎
ステイ。
有栖川帝統
(スチャッ)
夢野幻太郎
あそこで行われていたのは、『弾幕ごっこ』というものです。
その名の通り、弾幕を形成し、それをかわしあって戦う。そういったものでした。
飴村乱数
へーぇ!面白そうだけど、思ったより平和的解決ではないね。
有栖川帝統
ヒプノシスマイクも相当物騒だけどな?
夢野幻太郎
こうでもしないと、多種多様の妖怪が共存など出来ないのでしょう。
そして小生は、そのルールを司る者の一人と出会いました。それも、思わぬ形で。
夢野幻太郎
━━━━━━━━━━━━
夢野幻太郎
それは、幻想郷の文化について大体を学べたある日のことだった。
博麗霊夢
…あなたね?最近迷いこんで来た外の世界の人間は。
夢野幻太郎
…ふむ。確かに、小生がそうだが。君は?
博麗霊夢
私は博麗霊夢。単刀直入に言うわ。あなたを外の世界に返そうと思うの。
夢野幻太郎