ひとり劇場

アライさんとフェネック

けものフレンズ二期3話のつもりで書いた話

アライさん
おったかーら♪おったかーら♪
るんるんるーん♪
フェネック
アライさーん、どこまでいくのー
フェネック
もうここどこかわからないよー…
アライさん
え?
アライさん
どこってここはへいげんちほ………
辺り一面じめじめした草木が生えてる湿地帯がアライさんの視界に広がる
アライさん
………
フェネック
………
アライさん
ま…ま…まぁぁ…
アライさん
迷ったのだぁ~~~っ!!
アライさん
どうしようなのだフェネック!
かばんさんはどこなのだ!?
サーバルは!?
フェネック
ま、まずは一旦落ち着こうか、ほらしんこきゅー…しんこきゅー…
アライさん
そ、そうなのだ…
よーし…しんこきゅーなのだ…
すぅー…すぅー…すぅ…す…ぅ…
フェネック
あ、アライさん吐いて~
アライさん
はぁぁぁぁぁ………
フェネック
大丈夫ー?
アライさん
すこし落ち着いたのだ…でも…ここはどこなのだ…?
じゃんぐるちほーではなさそうなのだ…
フェネック
へいげんちほーを抜けると森に出るなんて聞いたことないしなぁ…
アライさん
アライさんとフェネックはちゃんととしょかんへの道を歩いてたはずなのだ
フェネック
うん、たしかに歩いてたよね、石の道をちゃんと…
アライさん
とにかく、ジーっとしててもどーにもならないのだ…試しにアライさんたちが歩いてきた匂いをたどって戻ってみるのだフェネック
フェネック
うーん、それはだめかも
アライさん
?どうしてなのだ?
フェネック
だって、ここ歩いてるとき少しだけ雨降ったよね?
アライさん
あ、そういえばフェネックと雨宿りをしたのだ…
フェネック
ということは…匂いはもう…
アライさん
で、でも、やらないよりはましなのだ!くんくんくん…
フェネック
…どー?
アライさん
ベチャッ
フェネック
あ……
アライさん
…どろだらげになっだのだ
フェネック
ぶっ…変な顔…ぷぷぷ…
アライさん
わ、笑わないでほしいのだフェネックー!
アライさん
ぺっぺっ…
フェネック
ご…ごめん…ふふふ…
アライさん
うぅ…
そして…
アライさん
とりあえずきゅーけい場所を…そうなのだ!かばんさん式のテントを作るのだ
フェネック
できるのー?
アライさん
そんなこと…やってみないとわからないのだ!
フェネック
ま、アライさんに任せるよ~
アライさん
お任せなのだ!
三十分後
アライさん
つ…ついに…!!
フェネック
テント完成~!
アライさん
やったのだ~!
アライさん
フェネックフェネック!ハイタッチなのだ!
フェネック
はいよ~
アライさん
ハイ(`・ω・)人(・ω・´)タッチ
フェネック
アライさんはやっぱりすごいよ~
アライさん
ううん、フェネックが手伝ってくれたおかげでもあるのだ!
フェネック
えへへ
手伝うのは普通のことだよ~
雨が降ってきた
アライさん
あ、また雨なのだ
フェネック
じゃあ、さっそく入ろうか
アライさん
うん!
テントの中
アライさん
ふぅー…なんか座ったら一気に疲れが出たのだ
フェネック
だね~
 
ザアアアアア
アライさん
ひどい大雨なのだ…かばんさんたち…大丈夫なのか…?
アライさん
(ぐぅ~)
アライさん
お腹も減ったのだ…
フェネック
あ、待ってねー
えーと…ポシェットにいれたはず…
フェネック
あった…はい
アライさん
ありがとうなのだフェネック!
アライさん
はい、半分こなのだ
フェネック
いいのー?ありがと~
フェネック
(もぐもぐ)
アライさん
なんだか、フェネックとふたりってひさしぶりなのだ、船で旅に出てからいつもかばんさんたちと一緒だったから
フェネック
ああ、たしかにそだね
アライさん
懐かしいのだ、この感覚
フェネック
たしか初めて会った時も、こうやってふたりでじゃぱりまん食べてたよね
アライさん
うん
フェネック
雨の匂いを嗅ぎながら、ふたりで話し合って
フェネック
それで、おたからの話をしたんだよね
アライさん
正直あのときは…またバカにされるのかと思ったのだ
 
つづく

1  

投稿日時:2018-10-09 21:59
投稿者:妄想ドリーマー
閲覧数:5

↑このページの先頭に戻る