ひとり劇場

ラーメン好き好きアナスタシアさん~恐怖!側溝の皇女編~

タイトルがクソすぎる

ラーメン好き好きアナスタシアさん~恐怖!側溝の皇女編~
カドック
僕の呼符がドブに...
(側溝に吸い込まれていく呼符)
カドック
参ったな…これは取れないぞ
アナスタシア
ごきげんよう、カドック
(側溝から覗くアナスタシア)
カドック
うわっ...
アナスタシア
うわって何よ。...お昼ご飯は食べたかしら?
カドック
まだ食べてないが…そもそもなんでそんな所に
アナスタシア
あら、まだ食べていないのね。そんな貴方にいい話があるわ
カドック
だからなんでそんな所にいるんだよ…いい話ってのも怪しいもんだね。そう言ってこの前ピロシキラーメンなんてゲテモノ食わせたじゃないか…騙されんぞ
アナスタシア
今度は比較的まともな味よ。雷帝だって泣いて喜んでいたわ。
カドック
そうなんだ...スガ〇ヤ行ってくる
アナスタシア
待てや!
アナスタシア
これ...要らないのかしら?
その手には見せびらかすように呼符が握られていた。
カドック
いいよどうせ来週には手に入るんだし
アナスタシア
チッ...手強いわね
カドック
今舌打ちしたよな?
アナスタシア
してないわ。…ところでカドック。そろそろ側溝から出たいのだけれど
カドック
じゃあなんでそんな所に入ったの?...ったく、仕方ない
アナスタシア
そう言いながら助けようとするあたり優しいのね。そう、そのままゆっくり手をこっちに...
カドック
ほら、引っ張​───────
アナスタシア
かかったなアホが!!!!
勢いよくカドックを側溝へ引きずり込むアナスタシア。
カドック
うわああああああ!!!!??
アナスタシア
さぁ今度は麻婆ラーメンよ!
カドック
絶対やばい奴じゃないか!だ、誰かああああああっ!!!!!!!
カドックは胃を壊した。空きっ腹への激辛麻婆ラーメンの刺激に敗北したのだ。
しかしこれは終わりを意味している訳では無い。アナスタシアの挑戦はまだまだ続く。
カドック
今度は普通に美味いラーメンを食べたい(届かぬ想い)

1  

投稿日時:2018-09-15 18:31
投稿者:ガバアナルマン
閲覧数:65

↑このページの先頭に戻る