ひとり劇場

私だけの…

内容の中には、誤字や脱字がある場合がある事がありますがそれでも構わないという方はご覧ください。
それがダメな方は、ブラウザバックする事をお勧めします。
紅羽
は〜。
学校面倒くせ〜。
俺はある中学校に通っている普通(?)の女子中学生。
トタタタッ
友梨佳
紅羽!
おはよう!
紅羽
あっ、友梨佳。
おはよう。
紅羽
ていうか今日は日番か?
友梨佳
いいや、紅羽最近一緒に登校してないから気になって。
後、信号の所で見かけて他の子には先に行くって言ってるよ。
紅羽
ふ〜ん。
紅羽
俺に何か用があった訳じゃないのか。
友梨佳
追いつかない方が良かった?
紅羽
別に…。
彼女は友梨佳。
私が今までに会ってきた友達の中で、唯一親友と呼べる存在だ。
他の奴は俺をまるでオモチャのようにもて遊び飽きたら捨てる。どうせ人間なんて所詮そんなもの。
だけど、友梨佳は違う。俺の悩み事も真剣に聞いてくれる。他の奴とはまるで違う。
友梨佳
そういえば紅羽って何で男子見たいな口調なの?
紅羽
だから、前も言ってなかった?
女扱いされることが嫌いなんだってば。
そう、女子だが男口調なのはちゃんと理由がある。
それは親や知り合いの人が性格を見て
「男の子見たい。」
なんて言われたから。
実際、よその子に喧嘩売ったりしてたけどね?

(事実です。)
友梨佳
へ〜。
紅羽
後さ、俺と一緒に登校して楽しいか?
友梨佳
楽しいよ?
友梨佳
紅羽は、他の子にはない個性も持っているから。
一緒にいるととっても楽しいよ!
紅羽
……。
紅羽
それって遠回しに
変人って事?
友梨佳
違うってば!
紅羽
冗談だww
紅羽
(めっちゃ嬉しい)
学校の正門辺り
紅羽
もう学校か。
友梨佳
話ししているとすぐだね。
紅羽
それじゃあな。
友梨佳
うん、また後でね。
いつもこうして登校している。
帰りは時間が合わずバラバラになる。
だけど、構わない。
俺には最高の友達がいるから。
俺を救ってくれた友人。
だから…
ダ レ 二 モ ワ タ サ ナ イ

3  

投稿日時:2018-08-08 23:33
投稿者:管理人R
閲覧数:3

↑このページの先頭に戻る