ひとり劇場

とある職員と「****」

ユミル
おい、ベラ。
私達のチームに新しいアブノーマリティが
管理項目に追加されたようだ。
ベラ
それ本当?ユミル。
ただでさえ今は「美女と野獣」に手間取っているのに。
ユミル
仕方ない。私達の役目は
「より多くのエネルギーを生産すること」
だから。
ユミル
先ほど解析により判明した名前が...
ユミル
「魔法少女」だそうだ。
ベラ
何その名前。
コントロールチーム配属
職員ナンバーM・4032ベラ
「魔法少女」へ
交信の命令が出ました。至急管理室へ。
ユミル
運がないなベラ。
ユミル
死ぬなよ。
ベラ
また、そうやって人の死亡フラグ立てて…
ベラ
笑えないからね?
ベラ
ユミルこそ死なないでよ。
そう言ってベラはメインルームを離れた
ベラ
「魔法少女」っていうとアニメとかで
出ているあのキャラ?
ベラ
だけど、名前が同じくらいできっと見た目は怪物に違いない。
ベラ
油断しないようにしないと。
魔法少女
あら、こんにちは!
魔法少女
貴方が作業員さんね。
魔法少女
私は「魔法少女」よ。
よろしくね!
アブノーマリティはまさに
「魔法少女」だった。
私達に害があるとは思えない。
ベラ
こちらこそよろしくお願いします。
ベラ
気分はどうですか?
魔法少女
とっても良いわ。
魔法少女
ここは静かで平和だもの。
魔法少女
平和であるって素敵じゃない?
魔法少女
悪者もいないしね。
彼女にとってここは平和だと言う
しかし
魔法少女
平和だけど寂しかったの。
魔法少女
来てくれてありがとう!
アブノーマリティには至るところに危険が潜んでいる
ベラ
それは良かったです。
ベラ
では私はそろそろ時間なので
もちろん彼女にもだ
ベラ
また会いに来ますね。
彼女がいくら優しくても
決して望まないと思っても
私達はこれまで見て来たんだ
奴らが同僚を傷つけて殺すところを
アンジェラ
続きます
アンジェラ
よろしければ2日目のほうもご覧下さい

4  

投稿日時:2018-08-06 09:14
投稿者:管理人R
閲覧数:1

↑このページの先頭に戻る