ひとり劇場

病弱娘と疫病神【プロローグ・上】

とある神様と女の子の出会いを書き留めた物です。あと二部ほど続く予定ですが、遅筆なので気長にお待ち頂けると幸いです。

だれか
此処は永遠の闇が住まう影の世界

深い漆黒が存在を 気配すら遮断する
だれか
物音一つしない静寂 その静けさの闇から

突如として現れた それはともすれば死人
デス
……。
だれか
顔は白く白骨化しており

体全体をローブで覆っている
デス
やはり、早々うまい話はないものだのう。

よもや、この様な見知らぬ土地に我が身一つで投げ出されるとは。
だれか
声色には独特の不気味さがあり

おおよそこの世の者でない事がわかる
デス
……うむ、嘆いても事は一向に進まぬ。

まずは滞在先を探すところからか、のう。
だれか
ローブ姿の異形は杖をつき

ゆっくりと一歩を踏み出そうとした刹那

その最中であった
だれか

「アナタ、ダレ?」
デス
ホ?
マリア
ぁ……
マリア
怪しげな人物は

声のする方へ向き直った
デス
ホッホッホ
お主、ワシが見えるのか?
マリア
……ン
だれか
少女はゆっくりと頷く
だれか
異形の眼前には 年端もいかない少女

娘は 不思議そうな顔で尋ねてきた
マリア
あなた、だれ……?
マリア
少女の声はとても小さく
聞き取り辛いようにも思えたが

不思議と聞き入らせるような
透き通った声をしていた
デス
(こやつ、怖じ気もせぬのか)

ワシはデウス、しがない旅の隠居じゃ。
マリア
で…す……?
デス
年相応の幼い反応が返ってくる
デス
(随分と舌っ足らずな喋り方じゃのう)

ちと違うが、まぁそれで良かろう。

娘よ、名は何と言う?
マリア
……な…?
デス
名前じゃよ、なまえ。

お主も人の子ならば、与えられておるじゃろう?
マリア
……ゥ…
だれか
僅かに沈黙が訪れる
マリア
……ぁ、ぅ……
マリア
どうやら言葉に詰まったらしい

そこですかさず 助け舟を出す
デス
人に聞く時は、まず自分からと説教する所なんじゃが、

なるほどのう、それ以前の問題と言うところじゃな。
マリア
な…ま……え……
デス
なに、無理に名乗らずともよい。

ワシは忙しい身ゆえ、これにて……。
マリア
そう言い 場を離れようと背を向けた時

意を決したように 少女は言葉を紡ぐ
マリア
……マ…
デス
ム?
マリア
マ…リァ……

な、まえ……
だれか
怖ず怖ずとした拙い言葉

まるで今にも消え入ってしまいそうな

微かな声で少女は名乗った
デス
ほぉ。
「マリア」と言うのじゃな。

まるでどこぞの“聖母”のような名前じゃのう。
マリア
せぃ…ぼ……?
マリア
少女は首を傾げ

困ったような表情をしている
デス
うむ、こちらの話じゃよ。
ところでお主。

見たところ普通の童女にしか見えぬが、
ワシを見て何とも思わぬのか?
マリア
……ン
マリア
肯定するように 首を縦に振る
デス
さようか。

会って幾ばくもせずに言うのも気が咎めるがのう。
お主、相当に変わり者じゃよ。
マリア
かわ、り…もの……?
デス
……それはともかく、
この辺りに、泊まれる宿を知らんかのう?

暫し滞在する事になりそうでな。
知っておれば教えて欲しいんじゃが。
マリア
ぉ…うち……?
デス
そうじゃな。
屋根があって、休める場所じゃよ。

どこか知らんかのう?
知らなければよい、後は此方で探すでな。
マリア
しかし 辺りにはそれらしい建物は愚か

民家すら怪しい 廃墟が建ち並んでいる
マリア
さらに 周辺部は木々に囲まれており

人の気配は感じない 廃村だろうか
デス
(これは、ちと手間取りそうじゃな)

(致し方あるまい、まずは山道を下り……)
マリア
……マリア、の…

おうち……くる……?
だれか
予想の範疇を超えた
普通では考えられないような

突拍子もない提案をしてきた
デス
……のう、お主。

ワシが何を言ったか、わかっておるか?
マリア
ン……
マリア
この頷きにも慣れてきた頃だ
デス
ワシは、お主がよくわからぬよ……。

(しかし、当てがないのは事実じゃしのう)
デス
本当にわかっておるか確認も兼ねて、

その提案に乗ってみるとしようかのう。
マリア
……ン
ついて、きて……?
デス
(ワシが見えたのは才能か偶然か)

(いずれにせよ、厄介な者に見つかってしまったのう……)
だれか
これが今後続く縁になろうものとは

この時の二人は まだ知らない

1  

投稿日時:2018-07-07 01:50
投稿者:だれか
閲覧数:39

↑このページの先頭に戻る