ひとり劇場

間違いは、成功の始まり

始めて書いてみました!下手かもしれません。

先生
俺、真由香のこと好きみたいだ
先生
卓也は、いっつも、モテモテだから、いいよなー
先生
俺、女子に名前も覚えてもらってないんだぜ。ヤバくね?あだ名「先生」だよ?真由香に好かれるわけないよなー。
先生
て、いうかさ、今日、卓也何か部活とかあった?いつもは返信すぐ来るのに、今日こないじゃん。
真由香
あのー、
先生
お、やっと返信!
先生
え?
先生
真由香さん?
真由香
えっと、間違えて送ってたのかな?私は卓也じゃないです。「真由香」だよ?
先生
え?あ、さっきのは忘れて。
先生
すぐ、好きな人変えるから。
真由香
変えちゃうの?
先生
え?あ、うん。だって、卓也のこと好きでしょ?真由香さん。
真由香
嬉しかったのに。両思いになれて。でも、嫌いになっちゃうんだよね。私のこと。
先生
え?どういうこと?真由香さん、卓也のこと好きなんじゃないの?だって、いつも卓也の所に行って、嬉しそうに笑ってたじゃん。
真由香
もしかして、嫉妬?
先生
ち、違う!
真由香
あのね、私、先生、、、、、、じゃない、奏斗君が好きだったから、卓也君に近づいたの。卓也君には悪いけど。
先生
えっと、
真由香
でも、卓也君は知ってるよ?私は奏斗君が好きってこと。
先生
それってもしかして、真由香さんは俺のことが好きってこと?、、、、、、自分で言ったら、結構照れる
真由香
そうだよ!
先生
じゃあ、改めて、
先生
真由香さん。初めて会った時から好きでした!俺と付き合って下さい!
真由香
ハイ!こちらこそ、よろしくお願いします!
真由香
でも、びっくりだったなー。卓也君には、私のこと、真由香って言ってくれてるんだー!
先生
ごめん
真由香
全然いいの!嬉しかったよ!だから、これからよろしくね。奏斗。
先生
よろしくな、真由香。

1  

投稿日時:2018-07-03 23:25
投稿者:ふーま
閲覧数:32

↑このページの先頭に戻る