ひとり劇場

ノートから始まる恋2

鈴木亨奈
…で、何でこんなところに?
気づいたら快晴くんと2人で薬局の化粧品売り場にいた
鈴木亨奈
うぅ…
私が入り口でウロウロしていると快晴くんは気安く店員さんに話しかけていた
鈴木亨奈
はぁ…
やっぱり容姿がいいと誰にでも話しかけられるんだな…と思いながらボケーッとしていると早速快晴くんが手招きしてきた
小林快晴
これ、俺の姉貴。こっちがさっき言ってたクラスの奴なんだけど…
じゃ、頼むな、俺はそこら辺ぶらついてるから
頼む?
私がキョトンとしていると店員さん?が私に話しかけてきた
小林絵里
はじめまして!私はあいつの姉の愛果
えーっと中山さんだっけ?下の名前は…
鈴木亨奈
亨奈…です
いっぱいいっぱいになりながら答えると、亨奈さんは私の肩をグッと掴んだ
小林絵里
快晴がね、亨奈ちゃんに似合うお化粧探してっていうから………今日は思いっきり変身しちゃおう!
鈴木亨奈
………変…身?
【次回】
へへへ、変身!?
あぁもう何が起きているかもわからない!
一体どうなるの!

2  

投稿日時:2018-06-13 06:20
投稿者:わさび
閲覧数:42

↑このページの先頭に戻る