ひとり劇場

ノートから始まる恋

キーンコーンカーンコーン
キーンコーンカーンコーン
休み時間を知らせる鐘が鳴った
鈴木亨奈
ふぅ…休み時間か…
藤井絆星
ゆきな〜!
ノート見せてくれない?
竹田姫華
私も〜
あの先生、早口過ぎて聞き取れないんだよね〜
藤原響貴
バカ2人より俺が先だろ〜
藤井絆星
響貴くん酷い〜
鈴木亨奈
(またか…)
私は心の中でそう思った…
私はいわゆる真面目ちゃんだからいっつもギャル系女子や、話を聞いていないバカ男子が沢山寄ってくる
鈴木亨奈
(あとすこしでテストだから貸したくないなぁ…)
藤井絆星
明日には返すから〜
藤原響貴
俺らに協力してくれ〜
竹田姫華
っていうか〜
ノート貸したって何も減るわけじゃないんだからさ〜
鈴木亨奈
(どうしよう…)
鈴木亨奈
あっ、あの…これ……
小林快晴
おい…
その時、私の言葉を誰かが遮った…
小林快晴
お前ら少しは亨奈の事考えたことあるか?
私は思わぬ助け船にに驚いた…
鈴木亨奈
(この子の名前なんだっけ…)
藤井絆星
え〜でも快晴だって困ってるんじゃないの〜?
藤原響貴
そうだよな〜
正直コイツの迷惑とかどうでもいいし〜
竹田姫華
まじそれな〜
藤井絆星
そういうのマジでうざ…
鈴木亨奈
あのっ…今日中に返してくれるのならっ!
私は面倒ごとに巻き込まれると嫌なのでサッとノートを渡した
藤井絆星
ほら〜
別に嫌がってなんかないじゃん
小林快晴
お前らなぁ…
呆れ顔をしながらも彼は男女の輪に加わった
鈴木亨奈
じ、じゃあ私はこれでっ!
私はいそいそと席を立ち、次の授業の用意をした
キーンコーンカーンコーン
キーンコーンカーンコーン
そして、すべての授業が終わった
鈴木亨奈
ふぅ…
掃除用具入れのロッカーからほモップを出していた時、絆星がノートを返しに来た
藤井絆星
あっノートありがとね〜
藤井絆星
また次もよろしくね〜
…と可愛く言い、去っていった
鈴木亨奈
次も…かぁ…
私は聞こえないような小さな声でボソリと言った
小林快晴
亨奈、お前先週も掃除してなかったか?
鈴木亨奈
竹田さんたちが急用があるから…って
小林快晴
そんなの嘘に決まってんだろ?
俺、今日あいつらにゲーセン誘われたんだけど
鈴木亨奈
え…
私はしばらく絶句した…
どうしても外せない用事だからって言われたから…
小林快晴
お前さぁ…嫌なことは嫌っていえばいいじゃねぇかよ
鈴木亨奈
そ、そんな事言われても私は快晴さんとは違うもん…
小林快晴
違う?
容姿が良くて口もうまい人に私の気持ちなんてわかるわけないじゃん!…と思った
鈴木亨奈
小林さんもゲームセンター行きたかったんじゃないの?掃除当番はまだ2人いるから行ってくれば?
小林快晴
は?俺はサボらねぇよ
口争いになりそうになった時、ほかの掃除当番の人に怒られてしまった
小林快晴
亨奈、放課後暇だろ?
俺に付き合え
『なんでよっ!』と言おうとしたが、再び掃除当番の人に睨まれ、渋々掃除を続けた

3  

投稿日時:2018-06-12 21:24
投稿者:わさび
閲覧数:41

↑このページの先頭に戻る