ひとり劇場

捨てられた僕

捨てられた僕の気持ちになって作ってみました。僕とは誰か、想像しながら読んでみてください。

「ああ…寒いよ。暗くて何も見えない。」
色んな音が混じり合って脳内で処理しきれない。
なにかが足元に打ち付ける音。
自分の出す声と似た音が微かに聞こえる。
「お腹もすいたなあ。ああ、体もそこらじゅう痒くて痒くて耐えられない。」
うまく手足は動かない。
お腹はずっと前から空いているけれど、そもそも食べ物を受け付けられる体ではない。
寒さで体はこごえ、空腹で鳴く力も弱まる一方だった。それにも気づくことができない。
微かに残っている記憶。母親の暗くて暖かい胎内から明るい場所に出てきた。でも、それからどうしたっけ?
「そうか…確か大きな何かに体を包まれて気づいたらここにいたんだ。」
なぜ?
「なんでなんだろうな…。僕ってなんなんだろう。なぜここにいるのだろう。」
次第に減っていく声の数に気づくこともできないまま、鳴き叫んだ。ただ暖かさと食べ物が欲しかった。あと、出来れば体を綺麗にして欲しかった。
ここ数日で仲良くなった小さな虫さんが彼の身体中を歩き回るから。
「きっと鳴いていればそのうち僕のことを助けてくれるんでしょう?」
「お願い、お母さんに会いたいの。」
「せめてあの暖かい体の中に戻りたい。戻りたいよ…。ここにはいたくないんだよ。」
彼は鳴き疲れ、やがて近くにいた屍で暖をとりながら眠りについたのだ。
それが自分の愛すべき兄弟である事も認識できずに。
何もわからない。何もない。生まれた時から虚無の世界。しかしその世界さえ認識できない。
ただ体から自然に湧いてくる不満を叫ぶことしかできない。
それさえも意味をなさないとしても

1  

投稿日時:2018-06-09 22:30
投稿者:夢魔
閲覧数:61

− 夢魔さんの作品一覧 −

※投稿者名が重複する方の作品も含まれる場合があります

空白を舞う蝶
病院で死と孤独に抗う儚い青年の叫びを表現しました。

2019-01-07 03:07

投稿者:夢魔

捨てられた僕
捨てられた僕の気持ちになって作ってみました。僕とは誰か、想像しながら読んでみてください。

2018-06-09 22:30

投稿者:夢魔

愛と嘘
気持ちを詩のようにしてみました。

2017-10-25 21:43

投稿者:夢魔

あなたに食べられるまで
お馬鹿な羊とクールな狼のいまいち噛み合わない会話をお楽しみください!

2017-09-30 16:04

投稿者:夢魔

待ち人来らず 〜雨女と晴れ男〜
少し長めの恋愛小説です。※ごめんなさい、しんどかったので会話文が「」です。

2017-06-25 09:00

投稿者:夢魔

イマジナリーフレンド
イマジナリーフレンドについてです。特にストーリー性もなく、フィクションです。

2017-06-10 23:54

投稿者:夢魔

ヤンデレすぎて性転換した。
機種変した夢魔です。久しぶりの投稿で表現力が落ちました。※途中からBLです

2017-05-26 22:18

投稿者:夢魔

魅惑の巣・囚われの蝶
2人の関係を断ち切るきっかけとなった場面。

2017-02-25 14:54

投稿者:夢魔

新世界へようこそ
己が見ている世界の狭さ、世界観への欲求。それらに苦悩する人間の話です。言い換えるなら「美しさ」へ執拗に固執してしまう性質の人間の話でもあります。

2017-02-13 01:33

投稿者:夢魔

先輩と俺。
俺くんと部活の先輩が廊下でばったり会った設定です。背が低い子をからかってみたい願望があります(*゚▽゚*)

2017-02-09 11:38

投稿者:夢魔

夜恐怖症
実体験をもとにして考えました。特別なオチはありません。

2017-02-07 15:45

投稿者:夢魔

下校中のリア充に遭遇しました。
※リア充注意! リア充の会話を想像…。む、虚しくなんかないです。

2017-02-04 13:51

投稿者:夢魔

ヤンデレ
ヤンデレいいよね。ということでヤンデレの良さを広めるべく典型的なヤンデレの思考を考えました。

2017-01-29 22:52

投稿者:夢魔

無我夢中
夢中になるって大事なんです。

2017-01-23 01:37

投稿者:夢魔

ごめんね。
喧嘩した時考えました。

2017-01-20 16:27

投稿者:夢魔

命綱
欲求を満たすことで日々を繋いでいた少年の話。

2017-01-17 23:41

投稿者:夢魔

↑このページの先頭に戻る