ひとり劇場

とある世界での出来事

ちょっと前の出来事

マグV
ふぅ……此処か……
一人の者は何処かの遺跡を歩いていた
マグV
この世界も久々に来たな……
マグV
デンドロビウムを始めて知った世界……
彼女にあったのも此処か……
マグV
さて……ファルシオン……君の家に帰れるよ
そう獣は剣に言うと遺跡の奥へ進んで行く
マグV
……
その獣の前に大量の死体があった
死体は皆斬り刻まれまくりそれが生命体だったとは思えないほどだった
マグV
これは酷いな
マグV
……いるんだな…
アイツが……
そう獣が呟くと90000と大量の蛇が現れる
皆目が狂い
操り人形のように獣の前にいる
マグV
……うーんめんどくさいな
獣は砲(デンドロビウム)を出した
マグV
……火力は低く…ハッ!
(デンドロビウムがビームを放ち、蛇どもを消し去る)
そして遺跡の一部が溶け、一つの道が出来た
マグV
……あっ開けてしもうた
マグV
……まぁ此処を使えば良いな
そして獣はその道を使う
会いたくない……そう獣からすれば……ね
マグV
……!!
マグV
……お…オマエは何でいるんだよ……
ラギ
やぁ……マグ
四年ぶりかな?
マグV
ラギオマエは死んだはず……
いや殺したはずだ……
ラギ
あんなヘナちょこで僕が死ぬ?笑わせてくれるね君
マグV
クッ!?(槍を構える)
ラギ
へぇ……やる気だね……なら僕と答えるとするか……(無数の手と短刀を取り出す)
マグV
てやぁ!(突きに来る)
ラギ
(短刀で弾き4本の手でマグを襲う)
マグV
くにゅ……!?(3本を切り落とし一本を炎で燃やす)
ラギ
ほぅ……だいぶ磨いて来たようだな……(大量の短刀がマグの背後、上、前、横から大量に現れ放たれる)
マグV
多い……!?(槍を回転させ短刀達を弾いて行くが限界が近くなる)
ラギ
だがまだまだだな!!(銃が四つ出ると乱射を開始)
マグV
うににに……にゃ!(テレポートし避ける)
ラギ
だがな!(テレポート先に大量の短刀と槍が放たれる)
マグV
グニャ!?(右耳、左手、右胸、左の腰、右足を槍や短刀が刺さって行く)
ラギ
おいおいマジかよ随分あっぱれだな
マグV
ぐ…………(倒れる)
ラギ
んじゃサヨナラ……青白の獣さん(大量の武器達が現れるマグに飛ぶ)
マグV
ぐ……にゃぁぉぁぁぁぁぁぁ!!
(起き上がると目の前に大量の武器達が飛んでくる……)
その時……マグは消えた……
ラギ
まだ力があるか……次は……そこだろ?(大量の武器達がマグが現れる場所に飛ぶ)
マグV
……(現れると同時に武器を全て避ける)
ラギ
ほう?偶然だよ?青白の獣さんよ!(大量の武器達がマグを追尾)
マグV
武器だけを出し、飛ばすだけのアビリティ……弱過ぎる…(追尾する武器の弱点を狙い武器を破壊して行く……)
ラギ
ほう?僕がいつ武器だけを作るアビリティだけだと?(大量の黒炎に包まれた鎖…それと光炎に包まれた鎖が飛ぶ)
マグV
は!(雷と草を飛ばすと鎖達は破壊されて行く)
ラギ
ふ……これはどうだ?(透明な鎖がマグを襲う)
マグV
……加速……(速くなると鎖達を斬り裂き、噛み砕く)
ラギ
加速したか……大分成長はしたようだな……(三つの剣、盾、龍の鎧を装備する)
マグV
再生の龍鎧…絶対なる盾…勝利の剣……か……
マグV
……ファルシオン(背中に背負われてた剣が飛び、マグの手に来る)
ラギ
闇の剣か……
ラギ
本気も出せない闇の剣など意味が無い!(マグに斬りかかる)
マグV
それはどうかな?(斬りを軽々と避け、ラギに斬りかかる)
ラギ