ひとり劇場

相棒 S4869 X話

コナン 阿笠博士 相棒 杉下右京

相棒S○1 サンプル
とある廃工場内
阿笠博士(マジキチ時)
わしじゃよ
三池苗子
あっ!阿笠博士!私に急用とはどうかしましたか?
阿笠博士(マジキチ時)
苗子くん。
阿笠?はいきなり彼女に抱きつき腹に巻いてあるダイナマイトを見せつけた。
阿笠博士(マジキチ時)
わしと共にあの世に行くんじゃ!
三池苗子
嫌あーー!助けて!
千葉刑事
阿笠さん!そこまでだっ!!!
三池苗子
千葉……くん///
杉下右京
どうやら。間に合ったようです。阿笠さん
爆弾の起爆スイッチ押そうとする阿笠。
阿笠博士(マジキチ時)
なんじゃ!わしを君らの分際で止めることはできんぞい!ホッホッホ
千葉刑事
おまえっ!!!
杉下右京
阿笠さん。いや円谷光彦くんとお呼びになる方がいいでしょうか。
阿笠の周りを回りながら話す杉下。
阿笠博士(マジキチ時)
なんじゃ!わしは阿笠博士だ!
杉下右京
そうですか。まだ認めませんか。
阿笠博士(マジキチ時)
そらそうじゃ!なんならわしが光彦くんだという証拠をだ、だせ!
阿笠博士の口調は徐々に崩れていく
杉下右京
千葉くん。アレを
千葉刑事
はい。これです
千葉はポケットから決定的証拠である阿笠いや光彦の唾液のDNA鑑定結果表を出し見せた。
千葉刑事
これは、お前が円谷光彦だという決定的な証拠だ!!!
阿笠博士(マジキチ時)
……
杉下右京
例え外見を全くの別人に変えることが出来ても遺伝子は元の円谷光彦なんですよ。
阿笠博士(マジキチ時)
ふふっ!ホッホッホ。そんなもんかねwwww
阿笠博士(マジキチ時)
ワシがそんなもので捕まる訳がいない。ホッホッホ
杉下右京
そうですか。まだお認めになりませんか。
阿笠博士(マジキチ時)
ホッホッホ〜もういい。これを今直ぐ押して苗子とあの世で暮らすんじゃ!
三池苗子
千葉くん……助けて……
千葉刑事
苗子……
杉下右京
貴方がそこまでお認めにならないのなら、こちらも少々荒業を使うしかないようです。千葉くん彼を呼んでください。
千葉刑事
はい。
千葉は携帯で誰かに電話をかけるようだ。
プルプル。プーガチャ(電話が繋がる)
千葉刑事
もしもし。千葉です。出てきてください
千葉が誰かにそう告げ電話を切ると後ろの扉がゆっくり開いた
阿笠博士
こんにちは。
阿笠博士(マジキチ時)
えっ…………
杉下右京
フフっ。そうなんですよ。本当の阿笠さんは亡くなっていなかったですよ。
阿笠博士(マジキチ時)
なぜだっ!!!博士は俺が殺したはずだ!!
杉下右京
あの時、偶然同居人の女の子が阿笠さんを発見し通報してくれてたんですよ。勿論貴方からはその様子は物理的に見えなかったでしょう。何故ならあの時はまだ小学生の円谷光彦なのですから。
阿笠博士(マジキチ時)
!!
杉下右京
未だに犯行現場には証拠が有るでしょうねえ。円谷さんもう気づきましたか?貴方はもう詰んでいるのですよ。
阿笠博士(マジキチ時)
そんなはずはないいいっ!!
杉下右京
千葉くんっ!!!!
光彦は起爆スイッチを押しかけ……
千葉刑事
おやあああーー!
千葉は光彦の方に向かって走り光彦を取り押さえた。
光彦は千葉に抑え込まれた
杉下右京
貴方は未だお分かりになりませんかっ!!!!愚かな事を犯したとっ!!!!!(プルプル)
阿笠博士(マジキチ時)
………
杉下右京
貴方はこれから長い反省と孤独な時間が有ることでしょう。
阿笠博士(マジキチ時)
……
光彦は千葉に手錠を掛けられ強制的に立ち上がらせる
千葉刑事
ほら。いくぞ
ピーポーピー