ひとり劇場

第1回!『妖精ラジオ』

大変面白くないです。

妖精の御祖母
何コレ。
妖精
いやーこの前眠ラジやってたから自分もこういうラジオやってみたくって!!長続きしないラジオ!
妖精の御祖母
ふーん。でもアタシ巻き込んだのはなんで?
妖精
BBAが1番やりやすいから
妖精の御祖母
ふざけんな
妖精
まあまあ!とりあえずやってみましょうぜ!
妖精の御祖母
やってみる言うけど何するの?
妖精
お便りコーナーとか?雑談コーナーとか?
妖精の御祖母
その他には?
妖精
…知らん(`・ω・´)キリッ
妖精の御祖母
…おk このラジオ中止ね。
妖精
なんでええええ(´;ω;`)
妖精の御祖母
何も用意しないまま本番なんてとんだ馬鹿かよ。
妖精
えー…そこがいいじゃーん(´・ω・`)
妖精の御祖母
…まあね。
妖精
よし!ってことでSTARTー!
妖精の御祖母
すたーとー。







妖精
はい!ってことで今回も始まりました!「妖精ラジオ」!
妖精の御祖母
タイトルのネーミングセンス無さすぎて笑いました妖精の御祖母と、
妖精
しょうがないじゃんぶっつけ本番なんだから妖精です!
妖精の御祖母
今回は何をするんですか 妖精さん。
妖精
今回はお便りを読ませて頂くだけになります!
妖精の御祖母
…あれ 妖精さん?雑談は?
妖精
消えました!
妖精の御祖母
もっといい言葉なかったの
妖精
知らない!ってことでやっていこう⸜( ॑꒳ ॑ )⸝
妖精の御祖母




妖精
最初のお便りです!ラジオネーム、「マントヒヒを解体したい」さんから頂きましたー!
妖精の御祖母
とんだヤバいやつ来たね
妖精
多分変換間違えてるんだと思う
妖精の御祖母
あぁ…
妖精
「妖精さん、妖精の御祖母さんこんにちは。」
妖精の御祖母
こんにちはー。
妖精
こんにちはー!
妖精
「私には苦手な人がいます。あまり喋りたくもないし、近くにもいたくはないです。」
妖精の御祖母
ふむふむ。
妖精
「でも、私の周りの人はその人のことが大好きで。なので、私だけ苦手な人に距離を置くと浮いてしまうんです。私は浮いてしまったり、目立ってしまったりするのが嫌なので、無理をして苦手な人と接しています。」
妖精の御祖母
あー…
妖精
「でも私はもう限界です。二度と顔も見たくありません。どうしたらいいでしょうか」
妖精の御祖母
そうだねぇ…まぁ、必要ないこと以外は話さなければいいんじゃない?
妖精の御祖母
それも嫌ならもうそこから離れる。また新しい友達とか探して一からやり直せばいいんじゃない
妖精の御祖母
って、私は思いまーす
妖精
同意見デース
妖精の御祖母
はい、次のお便り。
妖精
え、もうないよ
妖精の御祖母
…は?
妖精
ないよ!
妖精の御祖母
え、これだけ?
妖精
おう!
妖精の御祖母