ひとり劇場

遊☆戯☆王でジンロウゲーム Part0

*12人、猫あり。*ノリが弾丸論破 *キャラ崩壊などあります、誤解のないようお願いします

武藤遊戯
……
武藤遊戯
…あれ?
武藤遊戯
ここは…
武藤遊戯
僕が目覚めたのは、外国にあるような豪邸の広間だった。豪華なシャンデリアの明かりが僕を照らす。
武藤遊戯
なんで、僕はここに…?
武藤遊戯
重い体を動かして、ゆっくり立ち上がる。改めて周りを見てみると、僕以外に人はいなかった。この広い豪邸に一人ぼっちだ。
武藤遊戯
…もう1人の僕も、海馬くんも、いない
武藤遊戯
孤独。その感情だけが僕の心の中をぐるぐると廻った。知らぬ間にこんな場所にいて、そこは僕以外誰もいなくて、不気味な程に静かで――
武藤遊戯
――怖い。そう思った。
武藤遊戯
もう1人の僕――
武藤遊戯
恐怖で怯えていると、突然、邸の中にチャイムが流れた。
アナウンス
武藤遊戯様、武藤遊戯様。あなた様は厳選な抽選の結果、『ジンロウゲーム』の参加者に選ばれました。
武藤遊戯
ジンロウ…ゲーム?
アナウンス
これより、会場への転送を開始します。
武藤遊戯
『ジンロウゲーム』の参加者になったというアナウンス。会場への転送。何が何だか分からなかった。
武藤遊戯
3秒後。僕の景色が暗転した。いとも容易く、僕の意識は闇におちた。
武藤遊戯
――助けて、皆――
武藤遊戯
……
武藤遊戯
A☆T☆M
…おい!
A☆T☆M
起きろ、相棒!
武藤遊戯
もう…ひとりの…ぼく?
A☆T☆M
相棒、相棒!
武藤遊戯
う〜ん……
武藤遊戯
……
A☆T☆M
――相棒、やっと起きたか!
武藤遊戯
あれ…僕は何を…
A☆T☆M
相棒、オレのことは覚えてるか?
武藤遊戯
…うん。もう1人の僕だよね。
A☆T☆M
……じゃあ、『ジンロウゲーム』について、何か知ってるか?
武藤遊戯
……!!
武藤遊戯
思い出した。僕は静かな豪邸で目覚めて、『ジンロウゲーム』の参加者に選ばれたって言われて…それから…
武藤遊戯
…意識が、暗転した。
A☆T☆M
やっぱりそうか…相棒も、あの謎のゲームに参加させられたんだな。
武藤遊戯
僕もって、君もかい?
A☆T☆M
ああ、そうだ。いきなり豪華な屋敷で目覚めて、アナウンスに言われたんだ。『ジンロウゲーム』の参加者に選抜されたと。
武藤遊戯
ああ、同じだ。僕の経緯と同じ。
A☆T☆M
とりあえず、この部屋から出よう。ここは個室みたいだ。
武藤遊戯
……もう1人の僕と話すのに夢中だったからか、周りの景色を見ていなかったな。見てみると、先程の大広間とは打って変わって、高級ホテルのような個室。どうやら僕はベッドで寝ていたようで、左を見れば焦げ茶色のドアがあった。
A☆T☆M
行こうぜ、相棒!!
武藤遊戯
あ、うん!いまいくよー!
武藤遊戯
僕はもう1人の僕に手を引かれて、部屋の外に出る。
武藤遊戯
――
武藤遊戯
――出た後の景色は、僕がここに来る前にいた、大広間にそっくりだった。
武藤遊戯
ただひとつ違うのは、人がいる。僕達2人を含めて、12人。……その中には、海馬くんに十代くん、遊星くんもいた。
武藤遊戯
突如として参加させられた『ジンロウゲーム』。部屋から出ると、そこには見覚えのある広間が広がっていた。一体これから何が始まるのか、僕、僕達は、まだ知らない。
武藤遊戯
to be continued

3  

投稿日時:2018-04-17 15:33
投稿者:エーティーエム
閲覧数:3

↑このページの先頭に戻る