ひとり劇場

創作。タバコ屋のお兄さんと、殺し屋一味のアルナルド。

連続投稿すみません。20代前後の二人。

弥太郎
いらっしゃいませ〜〜……
弥太郎

あぁ、アルナルド君!
アルナルド
こんにちは!
いつもの下さい。
弥太郎
ダリオさんのお使い?
アルナルド
そうそう。こき使われてますから…!
弥太郎
いやぁ、うちもだよ。
あの人ったら、一服するとか言って、
もう2時間も 店に戻ってきて無いんだから…。
アルナルド
お互いに、大変ですねぇ。
弥太郎
アルナルド君、
アルナルド
ハイ?
弥太郎
僕らって、同年代だよね。
アルナルド
ははっ。まぁね。
弥太郎
いやぁ。なんか、嬉しいなぁと思ってね。
アルナルド
おー。俺もですよ。
ウチはいつも、ボスの相手と、ガキの世話ばっかりですから!
こうやって、同年代と話すのって新鮮です。
弥太郎
うんうん……。僕もさ、若い人と話す機会ってなかなか無くて。
このまま行くと、すぐにでもおじいちゃんになっちゃうよ!!
アルナルド
あはは、
あれですね、たまに呑みましょうよ。
弥太郎
お!!
嬉しいね!是非そうさせてよ。
ふふ…じゃあ、これ。いつものね。
ダリオさんやレジーナちゃん達にも、よろしく伝えておいて。
アルナルド
いえ、こちらこそ。
弥太郎さんや紫煙さんには、ウチもお世話になってますから。
…それじゃあ、また。
弥太郎
はーい、まいどあり!

5  

投稿日時:2016-05-16 23:46
投稿者:いえ
閲覧数:2

↑このページの先頭に戻る