ひとり劇場

人狼ゲームinアルスト

1日目[朝]〜ニセモノ〜

魔物ちゃん
「それじゃあ、ルールをおさらいするね!」
時刻は9:00。一同は神妙な面持ちで、会議室に着席していた。
魔物ちゃん
「君たちは話し合いをして、1日に1人、人狼だと思しき人物に投票を行います!最も票が集まった人は処刑!同時に人狼も1日に1人、人間の中から投票で選んで、最も票が多かった人物を襲撃します!」
技巧士キャンディス
「ニ、ニコルみたいに頭が吹き飛ぶんすか!?」
魔物ちゃん
「それは違うよ!あの時は見せしめだからわざとグローくしたけど、ゲームでの死は穏やかに訪れるから安心して!」
料理人エイダ
「ワーオ、良かったデス!」
拳闘士ユータ
「全然良くあらへんがな!」
画家パトリシア
「嫌だ……嫌だよ……」
アイドルロメオ
「大丈夫だよパトリシア。大丈夫」
魔物ちゃん
「ちなみに初日は処刑も襲撃もありませーん!正確には、襲撃はあるんだけど……その対象は放浪者ニコルってことで!」
メイドシルヴィア
「今日誰かが死ぬことはないってことねっ……」
魔物ちゃん
「役職の内訳は国民5人、占師1人、霊能者1人、騎士1人、共有者2人、人狼3匹、狂人1人、妖狐1匹!合計15人!人狼が全て処刑されれば人間の勝ち。残ってる人の数の半数を人狼が占めれば人狼の勝ち。この二つの条件が満たされた時点で、妖狐が生きてれば妖狐の勝ち!わかったかな?」
吟遊詩人ダリウス