ひとり劇場

赤がなくなった日。(2)

小さな歯車の喰い違い。松二次創作。続きます。

十四松
うーーーーん
トド松
どうしたの?十四松兄さん
十四松
なんかへんなかんじ…
チョロ松
変な感じって?
トド松
わ、出た
チョロ松
出たってなんだよ
人をお化けみたいに…。
チョロ松
で、何が変なの十四松。
十四松
うーん…わっかんない!
十四松
わかんないけど…
なんかちがう気がするー
一松
十四松でも違和感の種類までは気づけないか…
チョロ松
え、じゃあ一松も十四松と同じで
なにか違和感あったの?
一松
十四松ほどじゃないけど…
考えてみればなんかおかしいなって
カラ松
Oh...そんなに変な事があったのか…?
一松
あった、っていうか
ある、っていうか
一松
あの布団、
あんなにスカスカだったっけ、って
チョロ松
布団…?
まぁ最近寒いから冷えるよね。
チョロ松
十四松とか結構僕の方に寄ってきたりする。
カラ松
一松も寝ている時はオレに擦り寄ってくれるんだ!
一松
は?いつおれがそんなことしたし
トド松
[画像を送信しました]
一松
?!
チョロ松
わぁ…きっちり証拠写真撮ってやがる
一松
う、嘘だ…そんな事は有り得ない……
一松
…じゃなくて
トド松
お、復活した
一松
そうやって十四松……とかおれとかが
寄れるようなスペースあったっけ、
って話
カラ松
言われてみれば…
もっとぎゅうぎゅうだったような…?
十四松
けどぼく別にはなれてないよ!
十四松
布団のはしっこ、いつもどおりくらいだもん!
一松
俺も元々端で寝てたし
トド松
で、後で寝てから寄ってたし?
一松
…コロス
チョロ松
まぁまぁ…

 

投稿日時:2018-03-17 05:00
投稿者:花兎
閲覧数:8

↑このページの先頭に戻る